北九州記念展開予想

      2017/03/07

 

 

 

今日からこちらにお引越しをしました!

 

まだ使い慣れないので色々おかしくなりそうですが

これからも宜しくお願い致します!

 

かのん

 

 

 

今回は久々に展開予想を書きたいと思います。

 

 

2015年北九州記念 優勝馬 ベルカント

 

小倉・1200m

 

過去5年間のラップタイムからの傾向から

推測を始めます。

 

2015

11.7-10.2-10.8-11.2-11.9-11.5 32.7-34.6

前後半3F差 +1.9秒

2014

11.7-10.5-10.9-11.1-11.2-12.1 33.1-34.4

前後半3F差 +1.3秒

2013

11.6-10.0-10.6-11.1-11.5-11.9 32.2-34.5

前後半3F差 +2.3秒

2012

11.6-10.1-10.5-11.3-11.6-11.8 32.2-34.7

前後半3F差 +2.5秒

2011

11.8-10.0-10.6-11.1-11.4-12.3 32.4-34.8

前後半3F差 +2.4秒

 

まず前半は速くなることが多く2F目以降に

ラップタイムは落ちて行く形です。

 

特徴としては前半の速さで前後半の差が2秒以上

の前傾ラップになることが多い。

 

これはコースの形状が原因でありいかに

前半のハイペースに着いて行けてるかが

重要であり持久力勝負になりやすい。

 

前傾ラップになると言うことは

先行勢にはかなり厳しいレースと言えます。

 

しかし近2年はそこまでのハイペースになって

いませんが過去傾向からは

後方馬が圧倒的に有利と出ています。

 

出走馬を見ますと

絶対に逃げたい馬はいませんが

コースの形状から前半は32秒前後になる

傾向が強いので後半も34秒中盤あたりに

なると思われます。

 

そうなりますと

溜めてキレのみで勝負をする馬

一瞬しかキレない馬

上記に該当する馬には非常に厳しく

 

前半3Fが多少遅くなってもそのペースに

着いて行けるスピードと高い持久力を備えた

馬を狙うのが良さそうです。

 

該当馬は

オウノミチ

ジャストドゥイング

バクシンテイオー

ベルカント

ベルルミエール

ラヴァーズポイント

 

この馬は結構面白いかなぁと思います!

☆ブログランキング5☆

 

ここから

外厩舎、厩舎、騎手成績、枠順、調教

これらを組み合わせて総合的に答えを

出したいと思います!

ヾ(@°▽°@)ノ see you☆

 

 

 

 

 

 

 

 - 重賞解析