波乱のトライアル!【2017フィリーズレビュー】+【2017金鯱賞】激走穴馬予想

   

こんばんは!(*’ω’*)

競馬データ解析専門家 かのんです☆彡

 

今日も寒いですね(*’ω’*)

みなさん風邪など引いていませんか?

毎日の手洗い、うがいをすれば防げるって小学校の時に先生が言ってました!

 

 

 

 

 

 

 

うそつき!!!(;´Д`)

 

 

 

 

 

 

☆彡先週の結果☆彡

チューリップ賞 的中!(`・ω・´)

三連複 08点 1630円 回収率203.8%

 

オーシャンカップ 的中!(`・ω・´)

三連複 25点 1930円 回収率154.4%

 

弥生賞 的中!(`・ω・´)

三連複 10点 9480円 回収率948.0%

 

 

2016 回収率114.36%

2017 回収率213.39% 現在

 

上記成績の内訳はこちらでどうぞ(*’ω’*)

 

 

今週末は桜花賞のトライアルレース、フィリーズレビューが開催されます。

このフィリーズレビューは波乱傾向の強いレースですが今年はどうなるのでしょうか!?

 

先週の結果と【2017弥生賞】簡単回顧+【2017中山牝馬】激走穴馬予想

あなたの馬券収支を向上させる!

参考にどうぞ(*’ω’*)♪

 

 

週末に役立つ情報とか75%で来る軸馬のご紹介をしています。

回収率の上がらないとお悩みのあなた!

私のメルマガがあなたの悩みの解決のお手伝いをしますよ!(笑)

(お手数ですがよろしくお願いします)

無料ご登録はこちらです☆彡

(金鯱賞とフィリーズレビューを公開中)

おまけの日曜阪神10Rも大当たりでした!

あなたの競馬ライフのお役に立ちます!(*’▽’)

エッチなメールは来ませんのでご安心下さいw

良かったら登録してみて下さいね!(*’ω’*)

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

フィリーズレビュー傾向

 

昨年はこのレースで2着になり

桜花賞への出走権を獲得したアットザシーサイドが本番の桜花賞でも3着と好走しました。

 

チューリップ賞に比べると有力馬は避ける傾向があるトライアルレースですが、桜花賞本番で穴をあける馬を探すためには大切なレースかもしれないです。

 

過去傾向ではここで活躍した馬は余程強くないと本番では活躍出来ていない感じですが、今年はどうなるでしょうか?(*’▽’)

 

 

過去配当の傾向データ

 

フィリーズレビューの過去5年間の配当を見ると・・・

 

2016年 馬連3940円 3連複4,950円

2015年 馬連3260円 3連複4,790円

2014年 馬連76030円 3連複253,310円

2013年 馬連2370円 3連複22,770円

2012年 馬連2700円 3連複10610円

 

と他のトライアルレースに比べると高配当も多いレースです。

 

 

2014年には単勝100倍を超える13番人気が連に絡んで超高配当も記録しています。

2歳戦の実績馬が回避することが多いため、毎年出走頭数も多く、メンバーレベルも混戦になる傾向があります。

そのため人気通りに決まることは少なく、毎年一頭は人気薄の馬が馬券内に突っ込んでくる印象を持ちますね!

 

今年も3月7日時点で25頭が出走登録をしており、おそらくフルゲートでの開催が予想されます。

 

近年は内枠の逃げ馬、先行馬が好走傾向にあり、血統をみるとダイワメジャー産駒の回収率が高いですね。

ステイゴールド産駒も比較的良い数字を残しておりスピードやキレだけではなくスタミナを求められるコースということもわかります。

 

 

人気馬はどうか

 

人気が予想される有力馬は・・・

 

小倉2歳Sを圧勝し阪神JF、クイーンCでも安定した競馬を見せているレーヌミノルでしょう。

阪神1400mと相性が良いダイワメジャー産駒です。

 

ソウルスターリング、アドマイヤミヤビ、リスグラシューなど先着を許している馬はどの馬もハイレベルと呼ばれる今年の牝馬クラシックのトップホースばかりです。

血統背景から見ても、桜花賞が春の大目標だと感じるので、前走から距離も短縮する本レースでは期待をしたくなりますね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

先週末もメインレースを制し絶好調のミルコデムーロ騎手が鞍上を務めるカラクレナイは未勝利、500万条件を2連勝で初の重賞の舞台に乗り込みます。

ローエングリン産駒は2013年クラシックで活躍したロゴタイプ、昨年の新潟2歳Sを制したヴゼットジョリーなど早い時期から活躍する産駒も多い印象です。

 

絶好調のデムーロ騎手を含めて注意をしなければならない馬ですね!

 

もちろん有力馬だけではなく、波乱を演出する穴馬の絞り込みもフィリーズレビュー攻略の鍵ですね。

 

本番とは違う阪神1400mで開催されるため、マイル戦では距離が長いスプリンター気質の馬が好走することも考えられます。

そのため距離延長でここに臨む馬よりもマイルから距離を短縮してくる馬が狙い目です。

 

 

 

穴馬の傾向はこれ!

 

昨年の8番人気で本レースを制したソルヴェイグは、桜花賞惨敗後にスプリント戦線に舞台を移し、重賞函館スプリントSを制覇した後、G1スプリンターズSで3着にもなりました。

 

2014年に13番人気で2着に入り、超高配当を演出したニホンピロアンバーも新馬戦から1000から1200mで好走歴があり、マイル戦の阪神JF大敗後のレースでした。

 

高配当を獲得する穴馬を探し出すのは!

過去の穴馬と同じスプリント適性の高い人気薄馬を探したいですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

見て下さる方はまだまだ少ないですが、今後も楽しめる内容を書いていきたいと思います。

良かったよーと思われたら応援ポチをお願いします(*’ω’*)

 

応援ポチっ!(*´▽`*)

 

今日はフィリーズレビューで激走しそうな穴馬3を公開中です。

爆穴です!推奨理由は無料メルマガで公開中です!

 

 

競馬データ解析専門家 かのんでした(笑)

今日も読んで頂きありがとうございました(*’ω’*)

 

 

 

 - 重賞解析