先週の結果と【2017中山牝馬S】簡単回顧+【2017阪神大賞典】激走穴馬予想

      2017/03/16

こんばんは!(*’ω’*)

競馬データ解析専門家 かのんです☆彡

 

先週の結果を公開いたします!( *´艸`)

 

 

☆彡先週の結果☆彡

 

金鯱賞 ハズレ! ( ;∀;)クゥゥゥ 

三連複 28点 56390円 回収率0%

 

フィリーズレビュー 的中!(`・ω・´)チャッカリ!

三連複 10点 2220円 回収率222.0%

 

中山牝馬S 的中!(`・ω・´)キタッ!

三連複 28点 6300円 回収率450.0%

 

2016 年間 回収率121.91%

2017 3月 回収率273.30% 現在

 

上記成績の内訳はこちらでどうぞ(*’ω’*)

 

 

スポンサーリンク

 

 

今日の簡単回顧は最初金鯱賞にしようかなと思っていたのですが・・・

 

私のちから不足でハズレたレースを回顧を書いてもですし(*’ω’*)

 

まぁあれだけスローな展開ではちょっとですねぇ( *´艸`)

 

みなさんに偉そうに印まで公開して外したレースですからねぇ。

 

でもちゃんと◎ヤマカツエースと△スズカデヴィアスは来てるんですよ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

悔しい・・・(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

 

 

競馬にタラレバはダメなのはわかっていますが・・・

くぅぅぅぅ( ;∀;)ぅぅぅぅぅ

三連複5万馬券を外したのは痛いですぅ(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

結構自信あったから公開したのになぁ。

と言う訳で今週の重賞でどこかリベンジ公開したいと思います!

今度こそ!みなさんのお力になりたいです!

 

選挙みたいですね(笑)

 

 

 

週末に役立つ情報とか75%で来る軸馬のご紹介をしています。

回収率の上がらないとお悩みのあなた!

私のメルマガがあなたの悩みの解決のお手伝いをしますよ!(笑)

(お手数ですがよろしくお願いします)

無料ご登録はこちらです☆彡

(重賞穴馬を公開します)

あなたの競馬ライフのお役に立ちます!(*’▽’)

エッチなメールは来ませんのでご安心下さいw

良かったら登録してみて下さいね!(*’ω’*)

 

 

 

~中山牝馬S簡単回顧~

 

大本命不在の中山牝馬S。

一番人気のマジックタイムを除くと、最終オッズは4歳馬のパールコード、ビッシュ、フロンテアクイーンが単勝一桁台に支持されました。

前回紹介した過去のレースデータを見ると、4歳馬の複勝率が低かったため、こちらの取捨が非常に大切だと思っていましたが

 

1着トーセンビクトリー 5歳

2着マジックタイム 6歳

3着クイーンズミラーグロ 5歳

4着パールコード 4歳

5着デニムアンドルビー 7歳

 

とやっぱり4歳馬はすべて馬券外に飛んで行ってしまいました(笑)

 

 

2番人気に支持されたパールコードが3着馬とクビ差の4着に入線していましたが、データの傾向通り4歳馬には厳しいレースとなりましたね。

 

レースタイムは1.49.4とオープンクラスの平均タイムより1秒以上遅いスローペース。

 

レースは道中、先行集団でレースを進めたトーセンビクトリーが好位から抜け出し初の重賞制覇となりました。

対照的に後ろからレースを進めた1番人気のマジックタイムは最後鋭い脚で外から伸びてくるも、1着馬を捉えきれずクビ差の2着でラストランを終えました。

3着は内枠を活かした蛯名騎手の好騎乗が光ったクイーンズミラーグロが入線しました。

 

 

1着トーセンビクトリー 4番 5歳 斤量53.0 武豊騎手

重賞初勝利を飾ったトーセンビクトリー。

内枠を活かし好スタートから内ラチ沿いを3番手でレースを進め、最後の直線で外に出してからの脚は強烈でした。

ロスのない完璧なレース運びと、スローペースでしっかり脚を溜められた武豊騎手の好騎乗が光る重賞初制覇でした。

 

前走はOP特別を8着と過去のデータでは勝ち馬がいないローテーションでしたが、母のトゥザヴィクトリー、兄弟のトゥザグローリー、トゥザワールドは中山重賞での好走歴のある血統なので初の中山コースがプラスに出ましたね。

 

 

 

2着マジックタイム 13番 6歳 斤量56.0 ルメール騎手

道中後方グループからレースを運んだ1番人気のマジックタイム。

3.4コーナーで中段に押し上げ、大外から鋭い差し脚で追い込むもトーセンビクトリーをとらえきれずクビ差の2着。

トップハンデの56キロ、スローペースという前有利の展開、大外という不利な枠を考慮すれば最も強い競馬をした馬ではないでしょうか。

 

次走での走りを期待したいところでしたが、レース前から発表されていた通り今回がラストランとなり今後は繁殖牝馬としての馬生を過ごします。

1600m以上のレースで勝ち星を挙げられなかったものの中山では重賞2賞とやっぱり中山適正の高い牝馬でした。

 

 

 

3着クイーンズミラーグロ 1番 5歳 斤量52.0 蛯名騎手

好走歴の高い愛知杯からのローテーションとなったクイーンズミラーグロ。

内ラチ沿いから勝ち馬のトーセンビクトリーをマークするような形で道中レースを運びました。

最後の直線では外に出したトーセンビクトリーとは対照的に馬群の間を割っての3着入線。

こちらも関東のベテラン騎手蛯名騎手の最内枠を活かし、ペースを読んだ好騎乗が目立ちましたね。

 

軽斤量の馬は苦戦傾向のデータもあったため人気は落としていましたが、中山コースの実績は(1-1-0-1)と好走傾向にありますねしたのでしっかりと拾ってこれたのは良かったですね!

 

 

 

総 評

 

スローペースによる先行馬に有利な展開の中で、好位でロスなく競馬をした1着のトーセンビクトリーと3着のクイーンズミラーグロ。

対照的に後方からレースを進め大外から差し込んできて2着になったマジックタイム。

斤量差を考慮すると枠順とペースに左右される傾向が強いレースという印象を持ちました。

 

また上位入賞した3頭はいずれも中山実績が高い馬でした。

来年以降の予想の際もこれらのデータはしっかり役立てたいですね!

 

また苦戦傾向がある4歳馬は人気上位馬を含めてすべて馬券外へと沈んでいます。

こちらも来年以降も継続してチェックしておきたい、中山牝馬Sを予想する際の大切なポイントと言えるのではないでしょうか。

 

 

見て下さる方はまだまだ少ないですが、今後も楽しめる内容を書いていきたいと思います。

良かったよーと思われたら応援ポチをお願いします(*’ω’*)

 

応援ポチっ!(*´▽`*)

 

今日は阪神大賞典で激走しそうな穴馬1を公開中です。

推奨理由は無料メルマガで公開中です!

 

 

競馬データ解析専門家 かのんでした!

今日も読んで頂きありがとうございました(*’ω’*)

 

 

 

 - 重賞解析