【2017NHKマイルC穴馬傾向予想】と【2017天皇賞(春)簡単回顧】

   

こんばんは!(*’ω’*)

競馬データ解析専門家 かのんです☆彡

 

2強対決に沸いた2017年天皇賞(春)!

 

1番人気の勝利が10年以上無い波乱のG1レースでしたが、2強の一角キタサンブラックがディープインパクトの不滅のレコードを更新する強い競馬で完勝しました。

 

キタサンブラックと人気を分け合ったサトノダイヤモンドも3着に入線し配当こそ安めですが、大本線を完璧に的中させられたため久しぶりに嬉しいG1になりました!

 

1着 キタサンブラック  1番人気

2着 シュヴァルグラン  4番人気

3着 サトノダイヤモンド 2番人気

 

単勝2倍台に支持された2強がともに馬券内に入り、昨年3着で前哨戦の阪神大賞典でも本番を見据えた競馬を見せていたシュヴァルグランが2着と固い決着になりましたが、サトノダイヤモンドが3着になったため連系の馬券の配当は美味しかったのではないでしょうか?

 

NHKマイルC穴馬傾向は1です

応援ポチっ!(*´▽`*)

 

【2017天皇賞(春)簡単回顧】

下に続きますのでポチッとしたら戻って来てね!(*’ω’*)

 

 

 

 

先週の結果を公開いたします!( *´艸`)

 

☆彡先週の結果☆彡

 

青葉賞 的中!(*’ω’*)荒れなかったね(汗)

三連複 27点 3190円 回収率236.3%

 

天皇賞(春) 的中!(*´▽`*)大本線当たったし(笑)

三連複 15点 610円 回収率81.3%

 

2016 年間 回収率121.91%

2017 4月 回収率121.74% 現在

2017 年間 回収率146.53% 現在

上記成績の内訳はこちらでどうぞ(*’ω’*)

 

 

またまたみなさんの応援のおかげで継続出来ました!

☆彡 祝! 7ヶ月回収率100%超え 達成! ☆彡

これは私一人では出来なかったことです。

これからも有益な情報を出せるように頑張って行きますので

応援よろしくお願いします!(*´▽`*)

 

 

週末に役立つ情報とか75%で来る軸馬のご紹介をしています。

回収率の上がらないとお悩みのあなた!

私のメルマガがあなたの悩みの解決のお手伝いをしますよ!(笑)

(お手数ですがよろしくお願いします)

無料ご登録はこちらです☆彡

(重賞穴馬を公開してまーす)

先週の推奨穴馬

天皇賞(春)

アドマイヤデウス 10番人気推奨 4着

危険な人気馬

サトノダイヤモンド 2番人気 3着

 

青葉賞

アドマイヤウイナー 8番人気推奨 3着

危険な人気馬

なし (*’ω’*)

 

ブログでは公開出来ない情報も出したりしてます!

あなたの競馬ライフのお役に立ちます!(*’▽’)

エッチなメールは来ませんのでご安心下さいw

良かったら登録してみて下さいね!(*’ω’*)

 

 

馬券の収支が上がらない方はこれを読むと上がるかも?

回収率の上げ方(*’ω’*)

 

 

【2017青葉賞穴馬予想】過去データの傾向と上位馬評価

【2017青葉賞傾向予想】と競馬は人と同じことをすると負けるギャンブル

【2017天皇賞(春)穴馬予想】過去傾向とキタサンブラックなどの評価

【2017天皇賞(春)穴馬予想】2強相手にシュヴァルグランが逆転する方法!?

【2017天皇賞(春)穴馬予想】枠順発表後の評価と最大の大穴馬とは!?

【2017青葉賞穴馬予想】大混戦!馬券妙味のある馬はこれ!

【2017天皇賞(春)穴馬予想】サトノダイヤモンドの評価

暇なときにでもどうぞ☆彡

 

 

 

 

高速馬場によるスーパーレコード

 

今年の天皇賞春は勝ったキタサンブラックはもちろん5着のアルバートまでがコースレコードを塗り替える高速決着になりました。大逃げを打ったヤマカツライデンの存在も大きいものの、比較的前が止まらない馬場もレースに影響を与えることになりました。

 

レースは大外からスタートしたヤマカツライデンが単騎の大逃げを打ち、1000mのラップが58.3という速い流れで進むことになります。

 

昨年スローペースで逃げたキタサンブラックは逃げ馬には付き合わずマイペースで2番手に控え、キタサンブラックをマークするシュヴァルグラン、アドマイヤデウス、シャケトラなどを従え追走しました。

 

外枠を引いたサトノダイヤモンドは、有馬記念の時に比べると中段の位置から競馬をすることになり、枠による位置の差も着順に反映された印象を持ちました。

この辺りは【2017天皇賞(春)穴馬予想】サトノダイヤモンドの評価考察でも書きました。

 

 

2度目の坂を通過し、逃げたヤマカツライデンの手応えはなくなり大阪杯同様キタサンブラックが4コーナーで先頭にたちます。

それに反応するようにキタサンブラックをマークしているシュヴァルグランとアドマイヤデウス、ポジションをあげてきたサトノダイヤモンドが追撃するも最後まで差は詰まらずキタサンブラックが王者の競馬を再び披露し完勝しました!

 

後方に控えていた馬は、大きく離されたレースになりキタサンブラックとその後ろをしっかりとキープできた馬だけが馬券に残る結果になりました。

 

 

1着キタサンブラック 3番 武豊騎手

 

昨年と違うハイペースのレースになりながら強い競馬を披露し勝利して見せました。

 

余裕残しの前走大阪杯に比べるとパドックの気配も抜群で、軸としてはこれ以上にない信頼感がありましたね。

 

レースではヤマカツライデンの大逃げを全く気にかけず2番手を選び、馬のリズムを崩さずレースをコントールする武豊騎手の完璧な騎乗も光りましたね。

有馬記念で敗れたサトノダイヤモンドにリベンジを果たし、春の古馬G1を連勝と晴れて現役最強の座を射止めました。

 

コースレコードを更新する派手なパフォーマンスを見せ、次走は確実に圧倒的な人気を集めることになりそうですが、そろそろピークアウトしてくる気もしますので、次走はしっかりとチェックが必要ですね。

 

 

2着シュヴァルグラン 6番 福永騎手

 

昨年は3着、前哨戦の阪神大賞典ではサトノダイヤモンドに敗れていましたが、本番ではきっちりと巻き返し2着に入線しました。

 

サトノダイヤモンドと比べるとキタサンブラックをきっちりマークできる内目の好枠を引けた幸運もありますが、昨年より馬の能力も上がってきているのも間違いないですね。

キタサンブラックに勝ち切ることが難しかったものの、プラン通りの完璧なレースでサトノダイヤモンドに本番で先着したのは人馬共に褒めてあげたいです!

しかし国内G1で勝利を狙える最大のチャンスだっただけに、ここを落としてしまってG1タイトルは正直厳しいのかなあとも思います。

 

先週マイラーズカップでのフィエロの騎乗が話題になっていた福永騎手でしたが、卒なく乗らせるとやはり上手なジョッキーですね!

 

 

3着サトノダイヤモンド 15番 ルメール騎手

 

圧倒的な2番人気に支持されるも、3着入選となってしまったサトノダイヤモンド。

 

ルメール騎手は春のG1で人気より着順を落とすことが多い印象を持ちますが、今回は圧倒的不利な外枠から上手に乗ったと思います。

内目の枠を引いていれば、おそらく勝ち負けできていただけに、馬の能力は現役トップクラスで間違い無いでしょう。

どちらかといえばパワータイプのディープインパクト産駒なので、この高速馬場で3着に入った対応力も驚きです。

 

今後の舞台によっては上位陣との逆転も充分可能ですので、こちらもキタサンブラックと同様これからも要チェックが必要ですね!

 

 

天皇賞春レース回顧まとめ

 

高速馬場によるレコード決着となった天皇賞春。

 

勝ち馬のキタサンブラックのパフォーマンスはもちろん完璧なものでしたが、5着までがレコードを更新する高速馬場逃げ馬によるハイペースのラップの影響も大きいため、レコードタイムによる過大評価は要注意です。

 

逆に不利な枠順と合わない馬場で3着に入ったサトノダイヤモンドはまだまだ逆転の目を残していると思います。

 

春古馬最後のG1宝塚記念、日本の悲願凱旋門賞。

 

2頭の再戦の舞台がどこになるかはまだまだわかりませんが、ここで勝負付けが済んだと思っていると今後痛い目にあうかもしれません!(`・ω・´)

 

また高速馬場の長距離戦だっただけに激走した馬達の負担も気になりますね。

 

来週からは府中の連続G1が開幕です!(*´▽`*)

私も連続的中を継続できるようGW期間も予想に注力したいと思います!

その前にかしわ記念が(笑)

 

 

見て下さる方はまだまだ少ないですが、今後も楽しめる内容を書いていきたいと思います。

良かったよーと思われたら応援ポチをお願いします(*’ω’*)

 

競馬データ解析専門家 かのんでした(笑)

今日も読んで頂きありがとうございました(*’ω’*)

 

 

 - 重賞解析