【2017宝塚記念穴馬傾向予想】過去データ傾向

   

こんにちは!(*’ω’*)

競馬データ解析専門家 かのんです☆彡

 

いよいよ春の総決算宝塚記念が開催されます!

 

今年は大阪杯のG1昇格もあり、春の古馬戦線は例年以上に盛り上がりました。

 

特に圧倒的な強さで現役最強の称号を手にしたキタサンブラックは2017年の春を語る上では欠かせない一頭ですね。

 

宝塚記念は開催時期の影響もあり、例年フルゲート割れをしているG1ですが、今年はキタサンブラックという絶対王者の存在もあり出走予定馬か11頭と少数精鋭になりそうです。

 

キタサンブラックが圧倒的な1番人気に支持されるのはほぼ確実ですが、実はこの宝塚記念は昨年3着に敗れている舞台です。

 

また休み明け3戦目は一度も勝利しておらず、間違いなく最高の状態を迎えている現在であっても少々不安は残ります!

 

キタサンブラックが春古馬三冠を達成し凱旋門賞制覇への道を切り開くのか?

 

春のG1で敗れた馬達の巻き返しはあるのか?

 

実はキタサンブラックの出走した大阪杯と天皇賞春はばっちり馬券を的中させているので、春の総決算として私としても馬券的中目指して頑張ります!

 

宝塚記念穴馬傾向は1です

ぜひ見てね!(*´▽`*)

 

【2017宝塚記念穴馬傾向予想】過去データ傾向

下に続きますのでポチッとしたら戻って来てね!(*’ω’*)

 

 

 

 

週末に役立つ情報とか75%で来る軸馬のご紹介をしています。

回収率の上がらないとお悩みのあなた!

私のメルマガがあなたの悩みの解決のお手伝いをしますよ!(笑)

(お手数ですがよろしくお願いします)

無料ご登録はこちらです☆彡

(重賞穴馬と危険な人気馬も公開してまーす)

 

ブログでは公開出来ない平場情報も出したりしてます!

 

あなたの競馬ライフのお役に立ちます!(*’▽’)

エッチなメールは来ませんのでご安心下さいw

良かったら登録してみて下さいね!(*’ω’*)

 

 

馬券の収支が上がらない方はこれを読むと上がるかも?

回収率の上げ方(*’ω’*)

 

 

もーいーくつねるとー♪がいせんもーん♪♪

という訳で凱旋門賞の先行オッズが公開されました!

という訳でさっそく日本の馬を応援したいと思います!

キタサンブラック 11倍

サトノダイヤモンド 15倍

なかなかオッズは高いですね(*´▽`*)

キタサンブラック 11倍 単複100ドル!

サトノダイヤモンド 15倍 単複100ドル!

当たると・・・

 

キタサンブラックが1着で来れば!1400ドル!

約 15万6千円( *´艸`)

 

サトノダイヤモンド1着で来れば!1880ドル!

約 20万5千円( *´艸`)

 

JRAでは絶対に買えないオッズですよ!

知らないと絶対に損をしますよ!(*´▽`*)

その買い方はこちらから

 

 

 

 

では過去データを見ていきましょう!

 

2017年宝塚記念の気になる脚質データ

 

宝塚記念の過去の脚質データを見ると先行馬と差し馬が4頭ずつと勝ち星で並んでいます。

 

複勝率で見ると先行馬が30%を超えておりやや有利なデータとなっていますが、差し馬も侮ってはいけません。

 

その証拠に最速の上がりを使っている馬の複勝率は100%と圧倒的な数字で、勝ち馬の6頭がこれに当てはまっているデータもあります。

 

キタサンブラックは先行して速い上がりを使える馬ですが、最速の上がりを使える差し馬という視点で見れば他の馬にも充分チャンスがありますね!

 

 

2017年宝塚記念の人気データ

 

宝塚記念と言えば昨年は牝馬のマリアライトが人気馬を差し切って穴を空けました。

 

一昨年はゴールドシップがゲートで大暴れし、各種馬券の配当が軒並み万馬券となる大波乱になりました(笑)

 

人気馬の傾向を見ると1から3番人気の勝率が17%、複勝率57%と思っているほど悪くはありません。

 

しかし上位人気が抜けて良績を納めているけではないのは、下位人気の馬でも充分馬券になるからですね。

 

今年は出走馬が少ないため一昨年のような大波乱は考えにくいですが、馬券内に人気薄が突っ込んでくる確率は高そうですね。

 

 

2017年宝塚記念のローテーションは?

 

過去のローテーションを見ると天皇賞春から参戦が成績を残せていません。

 

勝ち馬こそ4頭と最も多いですが、複勝率は22%と最も多いローテーションながら不振傾向です。

 

また天皇賞春で3着までに入っている馬は勝率も5%となっており、春の古馬G1を連覇する難しさがデータから見ても顕著です。

 

逆に天皇賞春で5着以下に敗れた馬は勝率が14%と巻き返しの傾向もありますね。

 

今年もキタサンブラックを筆頭にシュヴァルグラン、シャケトラなど人気が予想される馬の多くは天皇賞春からのローテーションとなります。

 

今年の天皇賞は消耗の激しい超レコード決着だったため、前走の影響もしっかりと予想に組み込まなければなりませんね。

 

天皇賞春から参戦する危険な人気馬については無料メールマガジンで公開予定です。

 

ぜひ予想の参考にしてくださいね!

 

 

2017年宝塚記念まとめ

 

今回は春のグランプリ宝塚記念について過去のデータを中心に見ていきました。

 

脚質を見ると先行馬も有利なものの、最速の上がりを出している馬の複勝率が100%と高い数字を残しているため差し馬にも注意が必ず必要です。

 

人気馬は全くダメなレースではありませんが、上位人気で抜きん出た成績を残しているわけではないので、やはり穴馬が馬券に絡む確率は高いレースとなりそうです。

 

 

ローテーションで気になる点はやはり天皇賞春組ですね。

 

天皇賞春で好走した馬は宝塚記念では成績を落とす場合が多いです。

 

逆に5着以下になっている馬の勝率は好走している馬よりも高いです。

 

近年は春の京都の高速馬場を3200m走る天皇賞春と梅雨時期の阪神で開催される宝塚記念で求められる能力が異なるという見方もできますが、予想をする上では重要な要素になりそうです。

 

無料メールマガジンではブログでは公開していない危険な人気馬、おすすめ穴馬の情報なども公開中です!

 

今週はG1開催なので、情報のボリュームもいつもよりパワーアップ中です!

 

気になる方はすぐに登録してくださいね。

 

明日からはキタサンブラックを中心に有力馬の評価についてブログで見ていきたいと思います。

 

 

見て下さる方はまだまだ少ないですが、今後も楽しめる内容を書いていきたいと思います。

良かったよーと思われたら応援ポチをお願いします(*’ω’*)

応援ポチッ!(*´▽`*)

 

競馬データ解析専門家 かのんでした(笑)

今日も読んで頂きありがとうございました(*’ω’*)

 

 - 重賞解析