【2017ラジオNIKKEI賞穴馬予想】と【2017宝塚記念回顧】

   

こんにちは!(*’ω’*)

競馬データ解析専門家 かのんです☆彡

 

先週の宝塚記念はどうでしたか???

某有名ユーチューバーは見事に散りましたね!(;´Д`)

私が大金を賭けた訳じゃないのですが・・・

 

来たらどうしよう(汗)

 

ドキドキしていました(;´Д`)

私が大金を賭けた訳じゃないのですが・・・(笑)

 

話しは変わりまして舞台は中央からローカルに移りまして、函館に加えまして、中京と福島が開催されます。

中京ではCBC賞 福島ではラジオNIKKEI賞が開催されます。

去年は両重賞ともにGETしている相性の良いレースです(*’ω’*)

 

共に高配当が期待できる楽しみなレースですよ!

夏競馬を制する者は競馬を制する!

お馬さん勝ちたい!そんなみなさんにおすそ分けです(笑)

 

ラジオNIKKEI賞の穴馬は1です。

ぜひ見てね!(*´▽`*)

 

【2017ラジオNIKKEI賞穴馬予想】と【2017宝塚記念回顧】

はまだまだ続きます!

 

 

週末に役立つ情報とか75%で来る軸馬のご紹介をしています。

回収率の上がらないとお悩みのあなた!

私のメルマガがあなたの悩みの解決のお手伝いをしますよ!(笑)

(お手数ですがよろしくお願いします)

無料ご登録はこちらです☆彡

(重賞穴馬と危険な人気馬も公開してまーす)

ブログでは公開出来ない平場情報(参考買い目付き)も出したりしてます!

あなたの競馬ライフのお役に立ちます!(*’▽’)

エッチなメールは来ませんのでご安心下さいw

良かったら登録してみて下さいね!(*’ω’*)

(メールが来ないよ?とお問い合わせがありますが迷惑フォルダーに行っているかもしれませんのでご確認下さい)

 

 

馬券の収支が上がらない方はこれを読むと上がるかも?

回収率の上げ方(*’ω’*)

 

 

もーいーくつねるとー♪がいせんもーん♪♪

という訳で凱旋門賞の先行オッズが公開されました!

という訳でさっそく日本の馬を応援したいと思います!

キタサンブラック 11倍

サトノダイヤモンド 15倍

なかなかオッズは高いですね(*´▽`*)

(キタサンブラックは回避)

サトノダイヤモンド 15倍 単複100ドル!

 

当たると・・・

 

サトノダイヤモンド 1着で来れば!1880ドル!

約 20万5千円( *´艸`)

 

JRAでは絶対に買えないオッズです!

みんなが怪しいんでいる(笑)今がチャンスです!

知らないと絶対に損をしますよ!(*´▽`*)

その買い方はこちらから

 

 

【2017宝塚記念穴馬予想】ゴールドアクターとレインボーラインの評価

【2017宝塚記念穴馬予想】例年とは違う阪神競馬場のポイント

【2017宝塚記念穴馬予想】サトノクラウンなど有力馬評価

【2017宝塚記念穴馬傾向予想】過去データ傾向

予想の参考にどうぞ(*’ω’*)

 

 

今年の春のG1は単勝1倍代に支持された馬が連対を外すレースが複数回ありました。

 

桜花賞でのソウルスターリング

 

ヴィクトリアマイルでのミッキークイーン

 

共にこれまでのレースぶりを見ると軸には最適どころか、頭もほぼ硬いと感じる二頭でした。

 

しかし競馬は絶対ではありません。

 

これらは共に3着以下になり多くの競馬ファンは競馬の難しさを改めて知ることになりました!

 

そして先週開催された春のGP宝塚記念。

 

春の古馬G1を圧倒的な強さで制したキタサンブラックはその能力の高さはもちろん、脚質、安定感などから単勝1倍代の支持を集めました。

 

天皇賞春のレコード決着の代償から前走よりも出来を落とす危険性はレース前にも聞かれていましたし、私の頭の中にもありました。

 

しかし複勝圏を外す結果はどう考えても、思いつかなかったため、頭は外す可能性外すあっても軸としては他馬より何枚も上手だと本命の印を打ちました!

 

結果は・・・。

 

1着11番サトノクラウン デムーロ騎手

2着2番ゴールドアクター 横山典騎手

3着8番ミッキークイーン 浜中騎手

 

キタサンブラックはなんと9着に敗れてしまいました。

 

前走の疲れから負けるとしたらここだと踏んでいましたが、まさか掲示板も外すことになるとは・・・。

 

今回の敗戦から秋の大目標である凱旋門賞も回避する方向になるようです。

 

 

キタサンブラックの敗因は?

 

宝塚記念の回顧をしていくうえで触れなければいけないポイントとしてまず挙げられるのがキタサンブラックが9着に沈んだ原因ですね。

 

外枠

 

馬場

 

疲労

 

故障

 

様々な要因がレース直後には囁かれていましたが、陣営のコメントから察するに前走天皇賞春の疲れが抜けきっておらず万全の状態で出走できなかったことが大きな理由だと思います。

 

レース前にブログでもたびたび取り上げていましたが、キタサンブラックはこれまでも休み明け3走目のグランプリではパフォーマンスを落とす傾向にありました。

 

また前走が天皇賞春というタフな長距離レース、また京都の高速馬場によるスーパーレコード決着と馬に対する負担が強いレースになりました。

 

実際2着になったシュヴァルグランも宝塚記念では掲示板外に沈み、3着のサトノダイヤモンドも凱旋門賞への影響を考え宝塚記念を回避しています。

 

いくらタフで安定感のあるキタサンブラックでもやはりこの厳しいレースが応えてしまったんでしょうね。

 

宝塚記念ではスタート直後、有力馬が牽制しあい、行こうと思えば簡単にハナに立てる展開となりました。

 

しかしキタサンブラックはこれまでのレースのようにすんなりハナに立つことができず、結果的に外目のポジションで競馬をすることを余儀なくされてしまいましたね。

 

もちろんキタサンブラックが前走の反動で状態が良くなかったという前提はありますが、これまで前目のポジションで競馬をしてこなかった

 

シュヴァルグラン

 

シャケトラ

 

などが積極的なポジションでキタサンブラックを負かしにいったところも重要ですね。

 

特にシュヴァルグランは馬券外になってしまったもののこれまでと違う逃げという戦術を取り、キタサンブラックに外を回らせて距離ロスをさせることで、今回の波乱を演出する影の立役者となりました。

 

そして何より勝ち馬の

 

サトノクラウン

 

デムーロ騎手の騎乗が素晴らしかったですね。

 

 

サトノクラウン、デムーロ騎手の神騎乗

 

今年の宝塚記念の回顧でもう1つ外せないポイントがデムーロ騎手の神騎乗です!笑

 

今年の春G1ではルメール騎手が3週連続でG1を制覇しました。

 

特に日本ダービーでレイデオロを勝ちに導いた大胆な騎乗はこれぞ外国人と言える神騎乗でした!

 

しかし

 

私の個人的な意見では、今回の宝塚記念でのデムーロ騎手の騎乗は、それを上回る神騎乗だと思います。笑

 

枠順確定後の無料メールマガジンでの配信で

 

この馬が勝つには3角辺りからマクルしかありません。

 

それならばこの枠は絶好となります。

 

キタサンをマークして4角で追い越し粘る形に持っていければあるいは。

 

という評価を公開していましたが

 

それを完璧に再現するどころか上回る騎乗でキタサンブラックを馬券外に沈めた上で1着という最高の結果を手にしました。

 

特に驚愕した点はは向こう正面で、ペースを抑えようとしたキタサンブラックを後ろから牽制し、仕掛けを速くさせながら、自らは一度ポジションを下げた点ですね。

 

今回はキタサンブラックだけではなくシュヴァルグランやシャケトラなど好意から早めに仕掛けた馬は軒並み馬券外となっています。

 

キタサンブラックを牽制するがあまり仕掛けのタイミングを間違えればサトノクラウンも後ろから来る馬に差されていたかもしれません。

 

しかしキタサンブラックの後ろでプレッシャーをかけながら自らは一度後ろに下げて脚を貯めるとは・・・。

 

デムーロ騎手の勝負勘は日本人のトップジョッキーに比べても何枚も上ですね。笑

 

もちろんサトノクラウンに合う馬場だった点や前走から大きく状態が良くなっていた点など、デムーロ騎手の神騎乗だけで手にした勝利ではありません。

 

しかし少頭数での消耗戦という一瞬の駆け引きが結果に直結するレースだっただけに、僅かな騎乗の差が大きな結果となって現れたと思います!

 

 

宝塚記念は重馬場巧者に要注意

 

宝塚記念はブログでのデータ傾向記事でも見ましたが

 

マリアライト

 

ゴールドシップ

 

など、重たい馬場が得意なパワータイプの馬が好走傾向でした。

 

これは開催されるコースの傾向もありますが、梅雨の時期の阪神競馬場で開催されることからパンパンの良馬場になることが少ないという点も関係しています。

 

しかし今年の阪神競馬場は先週までのタイムを見ると、凄まじいほどの高速馬場となっていました。笑

 

先週の条件戦ではオープンクラスの平均タイムを大きく上回るタイムが出ており、過去の傾向に捉われると少し痛い目を見そうなほどの馬場でした。

 

当日は雨が降り例年のようにやや重たい馬場になったものの、例年に比べると重馬場による影響は少ないと感じ、サトノクラウンをはじめとした重馬場巧者たちは相手までと考えてしまいました。

 

しかし

 

結果を見ると

 

1着になったサトノクラウンはもちろん

 

2着ゴールドアクター

 

3着ミッキークイーン

 

という3頭とも今回よりも酷い重馬場の重賞で完勝した経験を持った馬が上位にきました。

 

よーく見るとキタサンブラック以外でG1勝ちの経験がある馬が馬券内を独占していますね。

 

そう考えると簡単なようにも見えますが、やはり競馬は難しいです(´・ω・`)

 

冗談はさておき

 

キタサンブラックという大本命か馬券外になってしまった以上、どう頑張っても馬券を的中させるのは難しかったですが

 

馬場状態に関しては先週までの高速馬場を考慮してやや見誤ってしまったのは事実です。

 

特にサトノクラウンは頭まで考えられる一頭として見ていただけに、この馬場の読み間違えがなければ会員の皆さんにももう少し良い情報が提供できたのかなと思います。

 

近年の日本競馬は一週で馬場が一変することも多々あるので直前までしっかりと状態をチェックすることはとても大切です!

 

もちろんそれだけではなく、過去のレース傾向や統計から見たそのレースに合う脚質や適性を見極めることも大切だと改めて確認させられたレースになりました。

 

 

2017年宝塚記念レース回顧まとめ

 

今回は大きく3つのポイントに焦点を絞り、宝塚記念のレース回顧をしていきました。

 

圧倒的1番人気であったキタサンブラックが馬券外に沈んだ1番の理由は前走レコード勝ちの反動によるパフォーマンスの低下です。

 

長距離を含むG1、3連勝はやはり年度代表馬クラスであっても厳しいですね。

 

もちろん他馬やジョッキーが打倒キタサンブラックを目指して厳しい競馬をした点も見逃せません。

 

特に勝負どころでキタサンブラックにプレッシャーを与え、自らは一度下げることで脚を溜めたサトノクラウン、デムーロ騎手の神騎乗は春のG1の中でも抜群にうまかったです。

 

G1は外国人

 

という格言が当たり前になってしまいそうな、そんなレースだったと思います(笑)

 

私は馬場を読み間違え、サトノクラウンの印を下げてしまいましたが、レースは例年と同じ重たい馬場適性が問われるものになりました。

 

春のG1は皆さんには満足してもらえる予想をなかなか公開できず悔しい結果となってしまいましたが、必ず秋に巻き返しができるよう心機一転頑張っていきたいと思います。

 

今回の宝塚記念を見て、最も秋に期待したいと思った馬は

 

シャケトラです。

 

先行馬が壊滅するレースの中で、これまでとは違う前目のポジションで4着に粘りこみました。

 

まだまだG1での実績はありませんが、本格化は秋以降だと考えており今後の成長次第では台風の目になりそうです!

 

キタサンブラックの凱旋門賞回避は残念ですが、夏にしっかり休んで秋で国内の競馬を盛り上げてくれるのも楽しみです。

 

私も秋に完全復活するために、夏もしっかり予想漬けの毎日にしたいです。笑

 

夏競馬は他の予想よりもちょっぴり得意と自負していますので、ぜひこれからも応援してください!

 

皆さんに競馬を楽しんでもらえるようにこれからもたくさんの情報や予想をたくさん公開していきますよー!

 

見て下さる方はまだまだ少ないですが、今後も楽しめる内容を書いていきたいと思います。

良かったよーと思われたら応援ポチをお願いします(*’ω’*)

応援ポチ!(*´▽`*)

 

競馬データ解析専門家 かのんでした(笑)

今日も読んで頂きありがとうございました(*’ω’*)

 

 

 - 重賞解析