【2017ラジオNIKKEI賞穴馬予想】調教師から見る重賞考察

   

こんにちは!(*’ω’*)

競馬データ解析専門家 かのんです☆彡

 

 

皆さんはレースを予想する際にどんなところを重視していますか??

 

戦績、血統、斤量、パドック、ジョッキー。

 

気にすればするほど様々な要素が競馬には絡んでいます!

 

先週の宝塚記念ではデムーロ騎手の好騎乗がレースに大きく影響を与えることになりました。

 

このように近年では外国人ジョッキーが騎乗する馬は人気する傾向にあり、その人気と比例するようにデムーロ、ルメールの外国人ジョッキーは大活躍しています!

 

しかしレースに関わる人はジョッキーだけではありません。

 

出走馬を管理する調教師も非常に大切な要素です!

 

先週の宝塚記念では堀調教師が繊細な気性のサトノクラウンのために厩舎近くの選挙カーの音にまで対策をしていると聞き、とても驚きました・・(;´Д`)

 

そこで!(`・ω・´)

 

本日は今週開催される2重賞の有力馬の評価を皆が見落としがちの調教師から見ていこうと思います。

 

ラジオNIKKEI賞穴馬候補は3です。

ぜひ見てね!(*´▽`*)

 

 

【2017ラジオNIKKEI賞穴馬予想】調教師から見る重賞考察

はまだまだ続きます!

 

 

週末に役立つ情報とか75%で来る軸馬のご紹介をしています。

回収率の上がらないとお悩みのあなた!

私のメルマガがあなたの悩みの解決のお手伝いをしますよ!(笑)

(お手数ですがよろしくお願いします)

無料ご登録はこちらです☆彡

(重賞穴馬と危険な人気馬も公開してまーす)

ブログでは公開出来ない平場情報(参考買い目付き)も出したりしてます!

あなたの競馬ライフのお役に立ちます!(*’▽’)

エッチなメールは来ませんのでご安心下さいw

良かったら登録してみて下さいね!(*’ω’*)

(メールが来ないよ?とお問い合わせがありますが迷惑フォルダーに行っているかもしれませんのでご確認下さい)

 

 

馬券の収支が上がらない方はこれを読むと上がるかも?

回収率の上げ方(*’ω’*)

 

 

もーいーくつねるとー♪がいせんもーん♪♪

という訳で凱旋門賞の先行オッズが公開されました!

という訳でさっそく日本の馬を応援したいと思います!

キタサンブラック 11倍

サトノダイヤモンド 15倍

なかなかオッズは高いですね(*´▽`*)

(キタサンブラックは回避)

サトノダイヤモンド 15倍 単複100ドル!

 

当たると・・・

 

サトノダイヤモンド 1着で来れば!1880ドル!

約 20万5千円( *´艸`)

 

JRAでは絶対に買えないオッズです!

みんなが怪しいんでいる(笑)今がチャンスです!

知らないと絶対に損をしますよ!(*´▽`*)

その買い方はこちらから

 

 

【2017CBC賞穴馬予想】過去データからのポイント

【2017ラジオNIKKEI賞過去データ傾向】帝王賞危険な人気馬

【2017ラジオNIKKEI賞穴馬予想】と【2017宝塚記念回顧】

予想の参考にどうぞ(*’ω’*)

 

 

ラジオNIKKEI賞サトノクロニクル

 

サトノクロニクルはG1でもお馴染みのサトノ軍団期待の3歳馬です。

 

里見オーナーの馬といえば凱旋門賞に参戦予定のサトノダイヤモンドを筆頭に、先週の宝塚記念を制したサトノクラウン、安田記念を勝ったサトノアラジンなど、現役のG1馬を多数所有する馬主さんです。

 

サトノクロニクルはそんな里見オーナー期待のハーツクライ産駒で春のクラシックには参戦できなかったものの、秋の活躍が期待されている一頭です。

 

管理する調教師は里見オーナーとの信頼が厚い池江調教師です。

 

G1を勝てないと言われていた里見オーナー躍進のきっかけは池江調教師の父親でディープインパクトやステイゴールドを管理した池江康朗さんがアドバイザーとして関わってからと言われています。

 

そのためサトノ軍団の素質馬の多くが池江厩舎に預けられ、結果を出しているのです。

 

池江厩舎といえば社台系の外厩舎ノーザンファームしがらきを使っている馬が非常に多く、しがらき経由の馬は休み明けでもしっかり走ってくる場合が多いです。

 

今回のサトノクロニクルは外厩舎を経由していないため陣営の本気度は気になりますが、能力や実績は出走馬の中でも最上位です。

 

サトノ×池江厩舎×川田騎手と言えばサトノアーサーやサトノアラジンのような後方からの大外ぶん回しですが今回はどうなるでしょうか?(笑)

 

 

CBC賞有力馬メラグラーナ

 

CBC賞の予想オッズを見ると高松宮記念で3番人気に支持されたメラグラーナが1番人気になっています。

 

メラグラーナのオーナー吉田和美さんは、日本一の生産牧場ノーザンファームの社長吉田勝己さんの奥様です!

 

モーリスやキンシャサノキセキなど強い短距離馬を多数所有されており、関東の名門堀厩舎との繋がりが深いです。

 

しかしメラグラーナは堀厩舎ではなく池添学厩舎です。

 

池添学調教師と言えば、三冠ジョッキー池添騎手の弟で一昨年から調教師として開業した若手トレーナーの1人です。

 

重賞の実績はメラグラーナのオーシャンSのみですが、ブエナビスタの初仔などのノーザンファーム期待の良血馬も多数預けられています。

 

実は池添学調教師はかつてノーザンファームで下積みを積んでいた経験があり、ノーザンファームとの繋がりが非常に強い若手調教師なのです。

 

池添学調教師はまだまだ調教師としては若手ですがノーザンファームの後ろ盾があると考えればその実績はそこまで関係ありません(笑)

 

今回のメラグラーナは前走の高松宮記念からの休み明けのレースとなりますが、外厩舎ノーザンファームしがらき経由での参戦となります。

 

高松宮記念では重たい馬場で力が発揮できず、惨敗となりましたが、能力は高く安定感もある馬なので休み明けでも大崩れはしないでしょう。

 

左回りへの対応力と当日の馬場状態が気になりますね!

 

 

ラジオNIKKEI賞、CBC賞人気馬と調教師まとめ

 

今回はいつもと視点を変えて調教師と馬主などの情報から有力馬について見てきました。

 

ダブル重賞で1番人気が予想されるサトノクロニクルとメラグラーナは共にノーザンファーム系の良血馬を多く預かる、池江厩舎と池添学厩舎に所属しています。

 

ノーザンファームと言えば外厩舎ノーザンファームしがらき経由での参戦馬は期待値が高まりますが、今回はメラグラーナが外厩舎を経由しての参戦となりますね。

 

過去のデータや馬の能力はもちろんですが、調教師や馬主、外厩舎などの情報もしっかりチェックしておくと思わぬ馬券を取れるかもしれません!

 

ぜひ今後の予想の参考にしてくださいね!

 

見て下さる方はまだまだ少ないですが、今後も楽しめる内容を書いていきたいと思います。

良かったよーと思われたら応援ポチをお願いします(*’ω’*)

応援ポチ!(*´▽`*)

 

競馬データ解析専門家 かのんでした(笑)

今日も読んで頂きありがとうございました(*’ω’*)

 

 

 - 重賞解析