【2017凱旋門賞傾向予想】サトノダイヤモンドは勝てるのか!?

   

おつかれさまです!(*’ω’*)

競馬データ解析専門家 かのんです☆彡

 

今週は日本競馬ファンが誰もがワクワクする海外G1が開催されます・・。

 

そのレースの名は!

 

凱旋門賞!!(`・ω・´)

 

 

日本競馬界の悲願とも言われているこのG1は

 

エルコンドルパサー

 

オルフェーヴル

 

ディープインパクト

 

など数々の名馬が挑戦し敗れていったレースです。

 

 

昨年は日本ダービーを制したマカヒキが挑戦しましたが、慣れない馬場とハイペースの消耗戦についていけず14着と大敗でした。

今年はマカヒキと日本ダービーでハナ差の死闘を演じたサトノダイヤモンドが日本代表として凱旋門賞の壁に挑戦します。

 

しかし前哨戦であるフォア賞では不良馬場に苦しめられ4着と期待されている力を発揮できませんでした。

フォア賞の結果とG1、4連勝中の怪物3歳牝馬エネイブルの出走によりサトノダイヤモンドの海外での評価は下降気味です。

 

しかし!(`・ω・´)

日本の競馬ファンにとってこれは大チャンスです!

 

なぜなら海外のブックメーカーウイリアムヒルでは

サトノダイヤモンドの単勝オッズは現在15倍です!!

 

昨年からJRAでも発売されている海外馬券ですが、ネット競馬の予想オッズを見るとサトノダイヤモンドは単勝6倍と約10倍の差があります。

 

もちろん日本馬を応援したい気持ちもありますが、私はブックメーカーオッズで買える今年の凱旋門賞のサトノダイヤモンドは非常に狙い目の馬券だと考えています。

 

今日はそのサトノダイヤモンドが凱旋門賞を勝てる3つのポイントを見ていこうと思います。

 

 

前哨戦フォア賞の大敗は参考外?

 

2017年凱旋門賞に挑戦するサトノダイヤモンドを見ていく上で気になる方も多い点が、前走フォア賞の大敗です。

着順こそ4着ですが、出走馬が6頭のみのG2競走です。

 

サトノダイヤモンドはこのレースで現地のオッズでも2番人気に支持されており、多くの競馬ファンは、連対は外さないと思っていたのではないでしょうか?

しかし結果は4着。

正直この程度の馬だったのか?

 

と感じてしまった日本のファンもいると思います・・

 

しかし私は・・

 

これで当日のブックメーカーのオッズが上がる!

と内心ガッツポーズをしてしまいました(笑)

 

なぜならフォア賞が開催された日のシャンティイ競馬場の馬場は・・。

超不良馬場!

 

レース映像を見た方はわかると思いますが、たたでさえ重い欧州の馬場の中でも雨の影響が非常に大きい特殊な馬場でした。

ディープインパクト産駒の中ではタフな馬場にも対応できる馬である、サトノダイヤモンドですが、この異常な馬場の中で本来の実力を発揮できたとは到底思えません・・。

 

今回の前哨戦の結果だけで欧州の馬場はサトノダイヤモンドに合わないと判断するのは愚の骨頂です!

 

またこのフォア賞では少頭数ではあったものの、サトノダイヤモンドのこれまでの日本のレースと同様に前目のポジションからの競馬ができました。

これまで挑戦してきた日本馬の傾向から見ると、凱旋門賞はこの先行できる脚質が非常に大切になりそうです。

 

 

凱旋門賞に挑戦した日本馬の脚質

 

2017年凱旋門賞でサトノダイヤモンドが勝負になるという私の中での大きなポイントは先行できる脚質です。

 

私は春に出走登録をされた際、すぐにサトノダイヤモンドとキタサンブラックをブックメーカーオッズで購入しました。

この2頭が出走すれば、どちらかは凱旋門賞を勝てると踏んでいたからです。

 

結果的にキタサンブラックは宝塚記念で大敗し、遠征がなくなってしまいましたが・・。

 

ずばりこの2頭に共通する点は先行できる脚質です。

 

サトノダイヤモンドはキタサンブラックほど極端ではないものの、常に中団より前目のポジションで競馬ができます。

近年日本から凱旋門賞に挑戦した馬は

 

マカヒキ

 

オルフェーヴル

 

キズナ

 

ゴールドシップ

 

ハープスター

 

ジャスタウェイ

 

どの馬も先行できないわけではないものの、中団より後ろ目のポジションから競馬をする馬ばかりです。

実際凱旋門賞でも前目のポジションは取れず、本来の力を発揮できずに敗れている馬が多いです。

もちろんオルフェーヴルという例外もありますが、過去に挑戦した他の名馬を見ても日本国内では後方からの競馬を得意とする馬が多いです。

 

欧州の最高峰のレースである凱旋門賞は後方からの末脚勝負だけで勝ち切ることはほぼ不可能です。

勝つための絶対条件として、先行して前目のポジションを取ることが必要だと私は思っています。

 

今年出走するサトノダイヤモンドはこの点がこれまでの出走馬と大きく異なります。

実際前走では、帯同馬のサトノノブレスが逃げサトノダイヤモンドが2番手を追走する形でレースは進んでいきました。

本番は多頭数であるため、前走のように楽に先行できるかという点では疑問は残るものの、本番の試走となるレースで2番手から競馬ができた点は大きく評価できます。

 

 

凱旋門賞に合わせた陣営の仕上げ

 

サトノダイヤモンドを管理する池江泰寿調教師は、三冠馬オルフェーヴルで、2年連続で凱旋門賞を2着になっている、日本の中でも凱旋門賞の実績を最も持つ調教師です。

 

歴代最強クラスの能力を持ったオルフェーヴルと比較するとサトノダイヤモンドの実績はやや見劣りしますが、池江調教師は3歳時の完成度の高さはサトノダイヤモンドの方が上と公言しています。

 

実際デビューから無敗で挑んだ皐月賞はダービーに向けて余裕残しの仕上げであったため3着でしたが、その後のダービー、菊花賞でのパフォーマンスは世代最強を証明するに相応しいものでした。

 

また3歳で迎えた有馬記念ではオルフェーヴルと同様に古馬の壁をしっかりと突破しました。

 

春の天皇賞では、スーパーレコード決着となった馬場に対応できず3着になっていますがオルフェーヴルはここで大敗しているので参考外で良いでしょう・・(´・ω・`)

 

というのは冗談で・・(笑)

 

 

レコード決着のダメージを考慮し、池江調教師は早々に宝塚記念の回避を決定しました。

これはオルフェーヴルで2度敗れた経験から、凱旋門賞にピークを持ってくるためにはどのレースを選択するべきなのか?をしっかり考えた。

 

サトノダイヤモンドの今年の目標が凱旋門賞だという陣営の本気度がわかるローテーションだと思います。

 

もちろん前走のフォア賞は80%程度の仕上げだとレース前に言っていた通り、本番ではこれまでにない究極の仕上げでサトノダイヤモンドは出走してくるでしょう。

 

 

意外に知らない凱旋門賞は荒れるレース?

 

サトノダイヤモンドがどれだけ強くても欧州の強い馬がいる年に凱旋門賞を制覇するのは難しい!

そう考える競馬ファンの方も多いと思います。

 

今年はキングジョージを含むG1、4連勝中の牝馬エネイブルが出走します。

 

3歳牝馬はザルカヴァ、デインドリーム、トレヴなど過去にも勝ち馬を多く出しており54.5キロという軽い斤量が、他馬に比べて非常に有利です。

ブックメーカーのオッズ、ネット競馬の予想オッズを見ても現在圧倒的一番人気がエネイブルとなっています。

 

しかし凱旋門賞の過去10年の傾向を見ると一番人気の勝ち馬は2頭のみとやや物足りない印象を持ちます。

 

実は凱旋門賞は世界の数ある国際競争の中でも荒れるレースとされており、4番人気以下から5頭の勝ち馬が出ており、10番人気以下の大穴も2頭勝ち馬になっています!

 

数々の名馬が制しているというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、意外に荒れるレースなのです(笑)

 

 

今年もエネイブルが台頭する以前は有力馬不在と言われており、ブックメーカーのオッズもビッグレースを終えるごとに大きく変化していました。

 

荒れるG1レースが3歳牝馬の1強ムード・・。

 

本当にエネイブルを信用して良いのでしょうか?

 

 

2017年凱旋門賞まとめ

 

今回は週末に開催される世界最高峰のレース凱旋門賞について、日本から参戦するサトノダイヤモンドに注目して見ていきました。

 

冒頭でも話しましたが、私は日本馬として応援したいという想いだけではなく、今年のサトノダイヤモンドは近年の挑戦馬の中でも最もチャンスがある馬だと思っています。

 

2年連続で2着になっているオルフェーヴルは2年ともフォア賞を快勝しての出走となったため、それまでの実績から見て他馬たちにもマークされる存在でした。

 

しかし今年は3歳牝馬エネイブルの1強ムード・・。

 

前哨戦で惨敗したサトノダイヤモンドは楽な形で先行できると踏んでいます。

 

同じような形でレースを進められれば、最後の直線で不良馬場によって見せられなかったサトノダイヤモンドの本当の欧州適正と実力が間違いなく見られます!

 

ディープインパクト産駒

 

ノーザンファーム生産

 

池江厩舎所属

 

ルメール騎手騎乗

 

こんなG1馬を単勝15倍で買えるレースは2017年の凱旋門賞以外にはありません!

 

もちろんJRAから購入すれば単勝オッズは6倍以下になってしまいます(笑)

 

日本馬初の凱旋門賞制覇を的中させられれば競馬ファンであれば誰でも絶対に嬉しいですが、そのオッズの差が約10倍ともなると正直悔しいですよね・・(´・ω・`)

 

レース後にいろんな意味で後悔したくない方は・・。

 

エネイブルもJRAも買わずに

 

ウイリアムヒルのブックメーカーでサトノダイヤモンドを買いましょう!

その買い方はこちらから

 

もーいーくつねるとー♪がいせんもーん♪♪

という訳で凱旋門賞の先行オッズが公開されました!

という訳でさっそく日本の馬を応援したいと思います!

キタサンブラック 11倍

サトノダイヤモンド 15倍

なかなかオッズは高いですね(*´▽`*)

(キタサンブラックは回避)

サトノダイヤモンド 15倍 単複100ドル!

 

当たると・・・

 

サトノダイヤモンド 1着で来れば!1880ドル!

約 20万5千円( *´艸`)

 

JRAでは絶対に買えないオッズです!

みんなが怪しいんでいる(笑)今がチャンスです!

知らないと絶対に損をしますよ!(*´▽`*)

 

その買い方はこちらから

 

 

 - 海外情報