ジャパンカップ過去データ傾向と穴馬ポイント予想

      2018/10/17

スポンサーリンク

おつかれさまです!(*’ω’*)

競馬データ解析専門家 かのんです☆彡

 

 

 

府中2400mで開催される古馬最高峰のG1レースです。

 

ではまずは過去のデータについて見ていきましょう☆彡

 

 

馬券の収支が上がらない方はこれを読むと上がるかも?

回収率の上げ方(*’ω’*)

 

Twitterもやってますのでお気軽にどうぞ

予想の役に立つかも!?(*’ω’*)

 

 

ジャパンカップの脚質傾向

 

ジャパンカップの脚質傾向を見ると、差し馬が最も多くの勝ち馬を出しています。

次いで先行馬が3頭となっており、逃げ馬は馬券に絡んだ馬が作戦の勝ち馬のキタサンブラックのみとなっています。

 

先行馬と差し馬の勝率は変わらないので、上がりに注目して見ていくと、上がりタイムが速い上位2頭はともに複勝率が60%を超えておりある程度の上がりが必要なレースだとわかります。

 

脚質傾向を加味すると、差し馬が最も安定した成績ですね。

もちろん先行馬でも勝ち馬は出ているので、前目のポジションから押し切れる馬も要注意となりそうです。

 

 

ジャパンカップは荒れるレース?

 

ジャパンカップの上位人気の成績を見ていくと1番人気の勝率が30%を超えており、複勝率は80%と非常に高い数字を残しています。

勝ちきれるかという点は別として、軸としては1番人気を信頼しても大丈夫な傾向ですね。

 

複勝圏に人気薄が飛び込んでくる傾向もあるため、上位人気を軸に紐荒れを期待するような買い方が合いそうなレースです!

 

 

ジャパンカップまとめ

 

11月も後半に入り、秋のG1戦線も佳境に入ります。

 

過去の傾向を見ると

差し馬が最も活躍しており、ある程度の上がりは使えないといけないですね。

1番人気の複勝率は80%を超えているため、この点は1番人気の馬には追い風になりそうです!

 

 

 

今年のジャパンカップは外国馬はもちろん、多くの外国人ジョッキーが騎乗予定です。

彼らの乗り馬を巡って、現在鞍上が定まっていない馬も多いため、出馬表が確定してからしっかりと予想を組み立てていくのが良さそうですね!

年末で何かと忙しい時期になってきますが、皆さんの予想の時間を少しでも簡単にできる情報を更新していきますよー!

 

今回もまた

結局また!

「デムーロ」の画像検索結果

デムーロか!!!( ;∀;)アタシャカミサマダヨ

となるのでしょうか(笑)

 

 

年間回収率100%超え予想

複勝圏内の穴馬~競馬力の覚醒

良かったら参考にどうぞ(*’ω’*)

 

ジャパンカップ今のところ気になっている馬はこちら

気になるなぁはここで確認☆彡

 

見て下さる方はまだまだ少ないですが、今後も楽しめる内容を書いていきたいと思います。

競馬データ解析専門家 かのんでした(笑)

「デムーロ」の画像検索結果

⊂ニニニ(^ω^)ニニ⊃ブーン

今日も読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

 - 重賞解析