【2017ジャパンカップ過去データ傾向と穴馬ポイント予想】有力馬評価

   

スポンサーリンク

おつかれさまです!(*’ω’*)

競馬データ解析専門家 かのんです☆彡

 

先週のマイルチャンピオンシップ・・(*’ω’*)

3歳馬には不利なデータを覆し、ペルシアンナイトが見事にG1タイトルを獲得しました!

 

【2017マイルCS過去データ傾向と穴馬ポイント予想】有力馬評価

記事のなかでこんなことを書いています。

 

上位人気は

エアスピネル

イスラボニータ

レッドファルクス

とG1での実績がある馬が並んでおります(*´ω`)

 

安定感を取るか!(*’ω’*)

 

能力を取るか!( ゚Д゚)

 

馬券を買う人によって評価の分かれる上位人気になりそうです。

結局またデムーロか。。。(;´Д`)

 

と!ならないように!(笑)

デムーロ兄弟は押さえておいたほうが良いかもしれないですね~(笑)

 

 

私は安定を取りました。

 

◎イスラボニータ

エアスピネルと迷ったのですが武騎手からムーア騎手の乗り変わりで割り引き。

相手にデム兄弟と注意馬にサングレーザーまで指名して外すという・・・(;´Д`)

 

えー

言わせていただきます。

・・

・・・

 

 

結局また!

「デムーロ」の画像検索結果

デムーロか!!!( ;∀;)

 

 

馬の強さはもちろんですが、なんといってもオークスからの連続馬券内記録を更新中のデムーロ騎手!

今回は5番人気に乗りながらも、後方から抜群の進路取りで差し切りました。

神騎乗連発してくるデムーロ騎手には正直年内逆らわないほうが良さそうですね・・。笑

 

また勝ち馬のペルシアンナイトだけではなく、3着のサングレーザー、4着のレーヌミノルなど3歳が古馬相手に好走した点も評価したいですね!

なぜなら今週は・・。

 

ジャパンカップがあるからです!(^_-)-☆

 

府中2400mで開催される古馬最高峰のG1レースです。

今年は現役最強馬キタサンブラックに挑むべく、クラシックの頂点に立ったレイデオロが出走します。

菊花賞を回避し、ここを目標に仕上げてきた今年のダービー馬が、現役最強馬を相手にどのようなレースをするのか!

 

予想でもこの2頭が大きな影響を与えることになりそうです。

ではまずは過去のデータについて見ていきましょう☆彡

 

 

馬券の収支が上がらない方はこれを読むと上がるかも?

回収率の上げ方(*’ω’*)

 

Twitterもやってますのでお気軽にどうぞ

予想の役に立つかも!?(*’ω’*)

 

 

2017年ジャパンカップの脚質傾向

 

ジャパンカップの脚質傾向を見ると、差し馬が最も多くの勝ち馬を出しており、過去10年で6勝しています。

次いで先行馬が3頭となっており、逃げ馬は馬券に絡んだ馬が作戦の勝ち馬のキタサンブラックのみとなっています。

 

先行馬と差し馬の勝率は変わらないので、上がりに注目して見ていくと、上がりタイムが速い上位2頭はともに複勝率が60%を超えておりある程度の上がりが必要なレースだとわかります。

 

脚質傾向を加味すると、差し馬が最も安定した成績ですね。

もちろん先行馬でも勝ち馬は出ているので、前目のポジションから押し切れる馬も要注意となりそうです。

 

 

2017年ジャパンカップは荒れるレース?

 

ジャパンカップの上位人気の成績を見ていくと1番人気の勝率が30%を超えており、複勝率は80%と非常に高い数字を残しています。

勝ちきれるかという点は別として、軸としては1番人気を信頼しても大丈夫な傾向ですね。

 

複勝圏に人気薄が飛び込んでくる傾向もあるため、上位人気を軸に紐荒れを期待するような買い方が合いそうなレースです!

今年は現役最強馬にして昨年の勝ち馬キタサンブラックが1番人気でしょう。

 

2017年ジャパンカップ有力馬評価

 

予想オッズ1番人気キタサンブラック

前走は不良馬場で開催された天皇賞で現役最強馬の能力を見せつけました。

本来は逃げ、先行脚質ですが、前走は出遅れ、後方からの競馬になったものの、しっかりと勝ち切りました。

能力は古馬最高峰のジャパンカップでも最上位。

間違いなく本命候補の一頭です。

しかし(;´Д`)

不良馬場での激走は状態面が気になりますね・・。

調教や当日の状態はしっかりと確認しておきたいです。

 

 

予想オッズ2番人気レイデオロ

今年のクラシックで頂点にたったダービー馬です。

ダービーはスローペースからの瞬発力勝負でレースレベルが高いとは言えませんでした。

しかしダービー2着のスワーヴリチャードがアルゼンチン共和国杯を勝つなど、クラシックの下馬評に反して、古馬相手にもしっかりと戦えています。

前走神戸新聞杯は菊花賞馬キセキを圧倒しており、能力では世代トップで間違いありません。

古馬一線級相手にどこまで戦えるかが鍵になりそうです。

 

 

予想オッズ3番人気サトノクラウン

前走はキタサンブラックに敗れたものの、こちらも圧巻の走りを見せました。

昨年末までは不完全燃焼なレースが続いていたものの、今年は好走の頻度も安定しており、本格化したと見て大丈夫でしょう。

2200m以上のレースを好走している馬であるため、今回の距離延長は間違いなく歓迎な点も魅力です。

今年に入り絶好調のG1男デムーロ騎手が主戦を務めていますが・・。

今回は他馬との兼ね合いもあり現時点で鞍上が決まっておりません。

ジョッキーや馬場によって人気も大きく変動しそうな一頭です。

 

 

2017年ジャパンカップまとめ

 

11月も後半に入り、秋のG1戦線も佳境に入ります。

キタサンブラックが引退までの2走でどこまでのパフォーマンスを発揮するのかに注目も集めっています。

 

過去の傾向を見ると

差し馬が最も活躍しており、ある程度の上がりは使えないといけないですね。

1番人気の複勝率は80%を超えているため、この点はキタサンブラックには追い風になりそうです!

 

予想オッズを見ると

キタサンブラック

レイデオロ

サトノクラウン

が上位人気に支持されています。

 

今年のジャパンカップは外国馬はもちろん、多くの外国人ジョッキーが騎乗予定です。

彼らの乗り馬を巡って、現在鞍上が定まっていない馬も多いため、出馬表が確定してからしっかりと予想を組み立てていくのが良さそうですね!

年末で何かと忙しい時期になってきますが、皆さんの予想の時間を少しでも簡単にできる情報を毎週更新していきますよー!

 

今回もまた

結局また!

「デムーロ」の画像検索結果

デムーロか!!!( ;∀;)アタシャカミサマダヨ

となるのでしょうか(笑)

 

 

年間回収率100%超え予想

複勝圏内の穴馬~競馬力の覚醒

良かったら参考にどうぞ(*’ω’*)

 

ジャパンカップ今のところ気になっている馬はこちら

気になるなぁはここで確認☆彡

 

見て下さる方はまだまだ少ないですが、今後も楽しめる内容を書いていきたいと思います。

競馬データ解析専門家 かのんでした(笑)

「デムーロ」の画像検索結果

⊂ニニニ(^ω^)ニニ⊃ブーン

今日も読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

 - 重賞解析