セントライト記念解析

      2017/03/09

 

セントライト記念の解析を始めましょう♪

 

セントライト記念予想オッズ

%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e8%a8%98%e5%bf%b52016%e4%ba%88%e6%83%b3%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

netkeibaより抜粋

 

最初の印象は

また1番人気強そう(´・ω・`)

 

中山芝2200mで行われる菊花賞トライアルGⅡ。

3着までに優先出走権。

皐月賞馬のディーマジェスティが1番人気。

 

これ崩せるの?(汗)

 

と言ってても始まらないので

過去のデータから勝ち馬の傾向を見てみましょう!

 

今回も体重から見てみましょう。

 

420~439
勝率00.0 連対率25.0 複勝率25.0

単回収0 複回収42

440~459
勝率05.9 連対率17.6 複勝率17.6

単回収25 複回収40

460~479
勝率00.0 連対率15.6 複勝率25.0

単回収6 複回収79

480~499
勝率03.1 連対率03.1 複勝率15.6

単回収6 複回収79

500~519
勝率30.0 連対率30.0 複勝率40.0

単回収311 複回収88

520~539
勝率37.5 連対率37.5 複勝率37.5

単回収465 複回収142

 

500kg以上の馬スゴイじゃん!( *´艸`)

これは中山2200mは坂があるので

パワーがある馬が有利というのがわかりました!

 

脚質とかはどうなのでしょうか?

 

逃げ0-2-0-8
勝率00.0 連対率20.0 複勝率20.0

先行6-3-3-25
勝率16.2 連対率24.3 複勝率32.4

中団4-4-6-67
勝率04.9 連対率09.9 複勝率17.3

後方0-1-1-37
勝率00.0 連対率02.6 複勝率05.1

先行圧倒的に有利なのですね。

 

ということは上がりも余り必要ない?

 

上がりも調べてみましょう。

上がり3F順位別です。

1位 2-1-0-7
勝率20.0 連対率30.0 複勝率30.0

2位 1-2-4-8
勝率06.7 連対率20.0 複勝率46.7

3位 2-3-0-7
勝率16.7 連対率41.7 複勝率41.7

それほど速い脚は必要ないですね!

 

ということは速い上がりを使える馬は

頭はないけど複勝圏内には

来やすいってことかな。

 

データだけだったら

ディーマジェスティ

 

ヤヴァいんじゃないですか!?

 

上までのデータから見ると

この馬なんて良さそうな感じがします。

☆ブログランキング

ブッチギリ1番人気に勝てる馬がいるなら

この馬なのかなと思います!

 

解析は続きます!(*´▽`*)

 

 

~凱旋門賞情報~

 

【ニエル賞】マカヒキ凱旋門賞へ好発進 世界デビュー戦余裕のV

 

 

 

騎乗前のルメール騎手は5馬身くらいブッチギっちゃうかもよ!

って余裕で言っていたのにこの内容。

まぁ余裕を持って差し切っているみたいですし

今のところは視界良好という感じで安心しました!

 

 

これでまたマカヒキの人気は上がる事間違いなしですw

 

 

 

凱旋門賞

マカヒキ現在4番人気になっています。

オッズは8.5倍。

 

もちろん今度JRAから発売されるオッズでは

こんなことはありえません。

 

日本の競馬ファンは

マカヒキをJRAのオッズで

購入すると4倍くらいかな?

(ブックメーカーで買った方が得です)

 

ブックメーカーの買い方

 

私は13倍の時に購入しているので

あとは問題なくレースに出場して欲しい

ところですね!

 

 

さて続きとなります。

今日はもう少し過去の傾向を見てみます。

 

人気別

1番人気 3-1-1-5
勝率30.0 連対率40.0 複勝率50.0

2番人気 1-2-1-6
勝率10.0 連対率30.0 複勝率40.0

3番人気 1-2-0-7
勝率10.0 連対率30.0 複勝率30.0

人気の馬の成績は思ったより良くないです。

 

次にローテーションを見てみましょう!

日本ダービー経由
5-4-2-15
勝率19.2 連対率34.6 複勝率42.3
とっても良い成績だと思います。
該当馬
ディーマジェスティ
プロディガルサン
プロフェット
マウントロブソン

 

ラジオ日経賞経由
2-0-2-19
勝率08.7 連対率08.7 複勝率17.4
あまり良くはないですねぇ。
もし馬券になるなら連対した馬でしょうか。
該当馬
ゼーヴィント

 

次に外厩舎を見てみます。

NF天栄
アルカサル
ゼーヴィント
プロディガルサン
メートルダール

NFしがらき
プロフェット
マウントロブソン

木村牧場
ディーマジェスティ

テンコーTC
ネイチャーレット

大山ヒルズ
ノーブルマーズ

外厩データはJRDV.sp

 

NFばっかり(・Θ・;)

 

 

 

過去5年のラップタイム推移から傾向を見ます。

(2014は新潟開催)

2015
12.6-11.6-12.2-12.3-12.4-12.6-12.5-12.6-11.9-11.5-11.6
2013
12.6-11.9-12.6-12.4-12.2-12.0-12.1-11.8-11.9-11.9-12.1
2012
12.4-11.0-11.8-12.2-12.8-12.4-11.8-11.7-11.5-11.4-11.8
2011
12.2-10.7-11.1-11.7-11.8-11.9-11.8-12.3-12.5-12.7-11.6
2010
12.1-11.0-11.7-11.8-12.1-11.7-11.7-11.8-12.0-12.2-12.8

 

前半はミドルペースから少し速いかなぁというペース。

道中では一度落ち着きます。

 

向こう正面に入ると下り坂となりますので

ペースは上がって行って最後に坂もある

ロングスパート戦となります。

 

このレースは他の中山2200mのペースと

違う展開となりやすいです。

 

他のレースならば前半のラップタイムは

スロー展開が多いです。

 

このレースの限っては出走馬のレベルが

毎回高くなる傾向がありますので

前半が速く流れるのだと思います。

 

そうなりますと

持久力の勝負となりやすい

と考えられます。

 

さらにその後下り坂でのスピードアップと

直線での勝負もありますので

長く良い脚も使える馬が良さそうです。

 

☆ブログランキング4☆

最近の結果はあまり良くはないですが

見た目的には良くなっていると思います。

ちょっと距離が短いような気もしますが

 

今回出走するメンバーの中では

馬体的に1番成長している感じがします!

 

 

 

 - 重賞解析