富士S解析と穴馬予想

      2017/04/30

 

毎回GⅠのたびに思うのですが本当に抽選しているのかと思ってしまいます。

 

今週の菊花賞は悪意に満ちている気が・・・(汗)

 

まずは土曜日をキッチリ取って悪意に満ちている日曜日に進みたいですね!

その富士Sですが11頭立てとなってしまいました。

ちょっとさみしいですがメンバーは面白いですね!

 

富士S予想オッズ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

netkeibaより抜粋

 

富士S登録馬と騎乗騎手と外厩舎使用馬

イスラボニータ 58 C・ルメール
外厩舎 社台F山元TC

ガリバルディ 57 福永祐一
外厩舎 社台F山元TC

ダノンプラチナ 57 蛯名正義
外厩舎 なし

テイエムイナズマ 56 古川吉洋
外厩舎 なし

ブラックスピネル 54 大野拓弥
外厩舎 なし

ブラックムーン 56 川田将雅
外厩舎 なし

フルーキー 57 M・デムーロ
外厩舎 ノーザンF天栄

マイネルアウラート 56 柴田大知
外厩舎 なし

ミュゼエイリアン 56 横山典弘
外厩舎 社台F山元TC

ヤングマンパワー 57 戸崎圭太
外厩舎 ノーザンF天栄

ロードクエスト 55 池添謙一
外厩舎 なし

※外厩データはJRDV.sp

外厩舎使用が少ない時に重要なのは・・・?

 

東京・芝1600m

2コーナーにあるスタート地点から、3コーナーに真っすぐ向かっていくレイアウト。

向正面半ばに上りがあり、そこから3コーナーにかけて下っていく。

最後の直線は525.9m。直線に向いてすぐに約160mの急な上り(高低差2.0m)があり、その後300mはほぼ平坦。

前半が速くなりやすく、坂を上った後に ゴール前でもう一段末脚を伸ばすことが要求される。速い時計の決着になると、スプリンタータイプ、インを回ってくる馬が好走しやすく、逆に時計がかかるときには、末脚のしっかりしたタイプ、中距離型が好走しやすい。

※コースデータはJRA

2015
12.7-11.0-11.4-11.9-12.0-11.2-11.1-11.4
2014
12.6-11.3-11.7-12.0-11.8-10.9-11.2-11.7
2013
12.6-11.4-11.8-12.0-11.9-11.0-10.9-11.9
2012
12.3-10.8-11.3-11.5-11.7-11.3-11.6-11.9
2011
12.2-11.0-12.1-12.2-12.1-11.5-11.2-12.7

過去のラップタイムから傾向を考えます。

 

過去5年のラップタイムの推移を見てみますと

前半は少し速いミドルペースで流れる傾向です。

道中では一旦落ち着きますがペースは落ちません。

その後勝負所で一気に加速して最後は落ちています。

 

この時期は馬場状態もよくスピードが乗りやすいと思いますので、道中ではそれなりに流れるということになっているのだと思います。

例年のラップタイム推移が大きく変わらないのがその理由でしょう。

東京1600mは上りの勝負になりますので速い上りはもちろん必須となりますが、それよりも、前半~道中の速い流れに対応出来ることの方が重要でしょうからそこに重点を置いていきたいと思います。

 

そこでこの穴馬は注目でしょう!

☆富士Sの穴馬5☆

 

似たような名前と今回本当に迷いました(汗)

ちょっと相手は強いですが・・・

リターンを考えると面白いと思います!

 

 

良かったら使ってみて下さい。

2016富士Sデータ

 

 

 

 

 

 - 重賞解析