マイルチャンピオンシップ解析と穴馬予想

   

 

今週のG1は

マイルチャンピオンシップ です!

%e3%81%84%e3%81%9d%e3%81%8c%e3%81%97%e3%81%84

今週も的中目指して頑張りましょう!

 

2016マイルCS登録馬一覧と予想オッズ

mairu

netkeibaより抜粋

 

2016マイルCS登録馬と騎乗騎手と外厩舎使用馬 

イスラボニータ 57 C・ルメール
外厩舎 なし

ウインプリメーラ 55 A・アッゼニ
外厩舎 なし

ガリバルディ 57 福永祐一
外厩舎 なし

クラレント 57 岩田康誠
外厩舎 なし

サトノアラジン 57 川田将雅
外厩舎 なし

サトノルパン 57 M・デムーロ
外厩舎 なし

サンライズメジャー 57 四位洋文
外厩舎 なし

スノードラゴン 57 大野拓弥
外厩舎 なし

ダコール 57 小牧太
外厩舎 大山ヒルズ

ダノンシャーク 57 松山弘平
外厩舎 なし

テイエムタイホー 57 幸英明
外厩舎 なし

ディサイファ 57 武豊
外厩舎 ミッドウェイF

ネオリアリズム 57 R・ムーア
外厩舎 ノーザンF空港

フィエロ 57 戸崎圭太
外厩舎 なし

マジックタイム 57 A・シュタルケ
外厩舎 ノーザンF天栄

ミッキーアイル 57 浜中俊
外厩舎 ノーザンF天栄

ヤングマンパワー 57 M・バルザローナ
外厩舎 なし

ロードクエスト 57 池添謙一
外厩舎 なし
※外厩データはJRDV.sp

 

 

京都芝・1600m(外回り)

2コーナーの引き込み線にあるスタート地点から、3コーナーまでの距離が長いコース。

向正面の半ばから3コーナーにかけては上り坂で、3コーナーから4コーナー半ばにかけて一気に下り、直線約400m(Cコース使用時398.7m)が平坦となる。

直線では馬群がばらけて、内が空くケースも多い。京都の芝は移動柵がA~Dコースまで取れるため、終始インコースの良い状態が続く。

基本的には時計勝負になりやすく、スピードの持続性に加えて、インを器用に立ち回れる能力が要求されるコースだ。

※コースデータはJRA

 

今回もラップタイムの推移から傾向を考えて行きましょう。

2015
12.6-10.9-11.1-12.5-11.9-11.1-11.5-11.2
2014
12.0-10.4-11.3-11.6-11.4-11.5-11.3-12.0
2013
12.5-11.1-11.5-11.7-11.5-11.2-11.4-11.5
2012
12.5-11.1-11.4-11.9-11.3-11.3-11.5-11.9
2011
12.4-10.8-11.2-12.3-11.9-11.8-11.6-11.9

 

過去のラップタイムから傾向を考えます。

過去5年のラップタイムの推移を見てみますと

前半は多少速く流れて行きます。

道中は緩むことは余りなくゴールまで行ってしまいます。

 

最大の特徴は前半が流れるのに道中も緩まないと言うことです。

ラップタイム推移は、スタートしてから終始11秒台を連発することが多いので、高い持続力が必要となるのがわかります。

 

過去5年のペース傾向を出しますと

15年 良馬場 スローペース
前半4F 47.1秒 12.6 10.9 11.1 12.5
後半4F 45.7秒 11.9 11.1 11.5 11.2
前後半4F差 -1.4秒
勝ち時計 1:32.8 上がり3F 33.8秒

14年 良馬場 ハイペース
前半4F 45.3秒 12.0 10.4 11.3 11.6
後半4F 46.2秒 11.4 11.5 11.3 12.0
前後半4F差 +0.9秒
勝ち時計 1:31.5 上がり3F 34.8秒

13年 良馬場 スローペース
前半4F 46.8秒 12.5 11.1 11.5 11.7
後半4F 45.6秒 11.5 11.2 11.4 11.5
前後半4F差 -1.2秒
勝ち時計 1:32.4 上がり3F 34.1秒

12年 やや重馬場 スローペース
前半4F 46.9秒 12.5 11.1 11.4 11.9
後半4F 46.0秒 11.3 11.3 11.5 11.9
前後半4F差 -0.9秒
勝ち時計 1:32.9 上がり3F 34.7秒

11年 やや重馬場 ミドルペース
前半4F 46.7秒 12.4 10.8 11.2 12.3
後半4F 47.2秒 11.9 11.8 11.6 11.9
前後半4F差 +0.5秒
勝ち時計 1:33.9 上がり3F 35.3秒

 

各年の後半4Fを見ますと

2012、2015に注目が出来ます。

2012は後半4Fからラップが速くなり0.6秒の落差

2015年は後半4Fから-0.6秒、次に-0.8秒

上記のような変則はありますが基本的には

道中のラップの落差が小さい事が重要です。

 

ここからも道中ラップタイムが緩まないことがわかりますので、スピードの持続力は必要ですし、それを維持する持久力も必要となります。

過去データからも中距離路線から来る馬が好走しているのはわかりますので、そのことも裏付けと出来そうです。

 

過去データ、過去ラップタイム推移からもわかりますように、展開緩まずの締まった展開になることで差し馬有利だと思いますけれど、上がりは33秒後半~34秒前半の末脚を使え
てロングスパートが出来る馬で無ければ上位争いは難しいのではないでしょうか。

 

そこでこの馬は要注目でしょう!

☆マイルCSの穴馬5☆

%e3%81%a0%e3%82%8c%e3%81%a0

前走の負けの理由はスタートで躓いたことです。

敗因がしっかりあるこのレースはノーカウント。

厩舎も仕上げに定評はありますし

これだけ人気がないならば

ここはおもしろいと思います!

 

 

下の広告をポチッとしてもらえるとうれしいです!(*^▽^*)

 

 - 重賞解析