平成最後の皐月賞2019 血統と過去データ

   

こんばんは!(*’ω’*)

競馬データ解析専門家 かのんです☆彡

 

予想オッズを見ると、今年も混戦ムードの皐月賞。

過去の配当を見ても 比較的荒れる傾向の強いレース です。

 

今年は有力馬だけではなく、穴党が狙いたい馬もたくさんいるので皆さん悩みますよね!

皐月賞の過去のデータの好走歴から 前目に付けられて速い上がりを使える馬 を探すのが的中への近道ですよ!

「よつばと 納得」の画像検索結果

 

 

馬券の収支が上がらない方はこれを読むと上がるかも?

 

回収率の上げ方(*’ω’*)

 

暇なときにでもどうぞ☆彡

 

 

過去10年皐月賞データ

ということで、困った時の過去データです!(*’ω’*)

 

皐月賞の過去のデータを見ると脚質は

逃げと先行の複勝率が20%を超え ており、追い込み脚質の複勝率は10%を切っています

 

先行有利として有名な中山競馬場での開催となるため、穴馬を探しに関しても 前目に付けられる脚質は必須 となりそうですね。

 

また 脚質問わず早い上がりを使える馬が結果を残している ため、これまでのレースの上がりタイムはしっかりチェックしておく必要がありそうです。

 

 

人気別で有利な馬はいるのか?

人気を見ると 1番人気から4番人気までは複勝率が50%前後でほとんど差ない ようです。

 

荒れる傾向のあるレースで1番人気が圧倒的に有利というわけではありませんが、人気馬も必ず一頭は馬券に絡んでいるイメージです!

 

 

ローテーションで有利な馬はいるのか?

ローテーションを見ると、 過去5年で圧倒的な成績を残す共同通信杯組 が気になります。

複勝率が60%を超え ており、皐月賞で馬券を買う上では 絶対に外せないローテーション と言うまでになってきています。

 

他は 弥生賞、スプリングS、若葉賞のトライアルレース組が好走傾向 にあり、レース間隔が開いてしまう 京成杯、きさらぎ賞組が不利な傾向 がわかります。

 

 

皐月賞穴馬データまとめ

 

過去10年のデータを見ると 先行脚質で速い上がりを使える馬が有利 な傾向にあります。

上位人気の複勝率は50%前後 に収まっており、 1番人気の信頼度は少ない レースです。

 

ローテーションは近年多くの勝ち馬を出している 共同通信杯が圧倒的 で、ついで トライアルレースを勝ち上がってきた馬が好走 しています。

関連画像

 

見て下さる方はまだまだ少ないですが、今後も楽しめる内容を書いていきたいと思います。(*’ω’*)

 

 

皐月賞血統の説明を簡単にしますと・・・

ディープ産駒は人気して毎回負けています。

これは能力上位ではありますが皐月賞はスローからのキレ勝負になりにくいからです。

 

 

このデータにラップタイムの理論と個別での解析をしていくと私の予想となります。

初回は無料です!圧倒的なボリュームでの根拠を示していきます。

 

初回無料の月額制 はこちら

 

単体の記事 はこちら

.

競馬データ解析専門家 かのんでした(笑)

今日も読んで頂きましてありがとうございました。

 

 

 - 重賞解析