5/31 ★東京11R 第87回日本ダービーGⅠ 2400M 3歳OP 解説2と予想

      2020/06/10

でも それって逆に言えば 右手前のままでも⑤コントレイルと互角に近い戦いを演じられたのだから
手前をしっかり替えれば 逆転もあったんじゃないか?って考えるのが至極当然。
左回りの方が手前の関係で力が増すタイプに見えるので、皐月賞で格付けが済んだとは
とてもじゃないが思えない。考えれば考える程思えなくなってきた。
レース直後はそうは考えなかったんだけどもね。(回顧でもコントレイルが上だった と書いた)
⑫サリオスは世間的にも言われているように距離不安が大きい。
⑮サトノフラッグなんかは明らかに距離が延びた方がプラスなのは多分間違いないのだけど、
⑫サリオスに関してはテンのスピードもそれなりにある分スタミナは少々不安ではある。
540キロ近い場体ではあるが、
筋骨隆々に見え、この手のタイプは総じてスタミナ不足だったりする。

ただ 首差しは例えばマイラーのそれではなく、胴回りもコロっと見せているわけでもなく、
高速馬場の2400Mなら充分持ちそうな体形に見えなくもない。きっちりキコウが抜けて来た時の
馬体イメージをした場合 今現在の⑨ダーリントンホールに近い作りに見えるのかしら。
(ダーリントンホールは私的に凄く理想的な身体をしている)
という事で  この3頭 本当に悩ましい。

怪物認定2頭の⑤コントレイルは折り合い面が鍵。
⑫サリオスは距離。
⑮サトノフラッグは前走伸びなさ過ぎ。

それぞれ難はある。しかし位置取りを考えた場合状況はかなり⑫サリオス有利な感もある。
具体的に考えてみると、キメラヴェリテが除外となった今、⑧ビターエンダー辺りが行ったとしても
かなりペースは上がらなさそうだ。⑱ウインカーネリアンが大外に回らされたのもあり。
⑫サリオス自体外目枠ではあるのだが、テンが速い馬なのですんなり好位に収まる事は可能。
鞍上レーンはちょっと不安ではある。東京のこの時期は異常な高速馬場。
昨年レーンはサートゥルナーリアで大外ぶん回し。出遅れがあった為とはいえ
あの馬場で外を通るのはかなりの不利。なのに先週のデゼルでも大外ぶん回し。
東京だとこの手の大味競馬が多すぎる気がする・・・・
このくらいの能力差だと 騎手の導きもかなり大きいので、早めに好位をキープして
ロス無く回って内目を抜け出してくる競馬がサリオス&レーンには求められる。
③ワーケア辺りを見る形が理想かな。

結論に行こう。

⑫サリオスだ。

距離不安はあるものの、そもそもダービー自体 超高速馬場がデフォルト化しており、
かつてほどのスタミナ色を要す戦いにはなっていない。
稍重の皐月賞をあのペースで先行していた点を踏まえれば 充分距離は持つのではないか。
そして容易に好位につけそうな組み合わせも魅力だ。
レーンが1角までの入りをどう考えているかにもよるが、ダービーは4角からの勝負ではない。
1角までの入りで3分の1以上決まるレース。多少脚を使っても好位。

⑤コントレイル福永は皐月賞で同馬の剛脚を理解しただけに中段から だろう。
それよりも前に⑫サリオスはいて欲しい。

☆☆☆☆
◎⑫サリオス(473)
〇⑮サトノフラッグ(421)
▲⑤コントレイル(464)
△⑨ダーリントンホール(427)
△⑰ヴァルコス(424)
△⑥ヴェルトライゼンデ(425)
△⑯マンオブスピリット(417)

①361②375③423④411⑦405⑧417⑩416⑪430⑬407⑭407⑱417

好数字で消し判断したのは⑪ガロアクリーク。430とかなりだし実際強いんだけど
水仙賞を見る限りあの4着は距離の壁じゃないかと・・高速のニーヨンをこなせない事もないのかもだが
的鞍には感じてないので・・
③ワーケアも好枠引いて絶好位で回れそうでかなりの利はあると思うが単純に皐月賞上位組との
力差で言うとちょっと微妙な感も。

 


馬券は変則買い。
馬単⑫から⑮⑤へ2.5pずつ ⑨へ1.8p ⑰⑥⑯へ0.8pずつ
ワイド⑫から⑮へ5p ⑨へ3.6p ⑰⑥⑯へ1.6pずつ(⑤は人気過ぎなのでワイドは買わず)
馬連BOX⑫⑮⑨(⑤は人気過ぎなので入れず)2.5pずつ
ワイド⑨⑮1.2p
単勝⑫3p ⑨2p 複勝⑫12p ⑨4.5p

計52.8p

ここにきて⑨ダーリントンホールが惚れ惚れする馬体。
ラップ使いとして さすがに馬体判断だけで◎というのはやりすぎか と控えたけど
思い切って打ちたくなるくらい。前走皐月賞は度外視でもいいんじゃないだろうか。
明日 細江さん辺りがパドック診断で気になった馬の1頭に挙げそうだけどもね。

そんなのもあって全体投資がかなり嵩んでしまったけど、お祭りレースなのでいいか。

 - 重賞解析