6/13 函館競馬場 特別戦予想

   

★函館10R 駒ヶ岳特別 2600M 3歳以上1勝クラス
昨年もこの駒ヶ岳特別に出走した⑧ディーグランデ。
昨年は1200M→1200Mのあとのここ。一気の距離延長で+1400Mはもう笑うしかないのだが
これが案外ミスマッチでもなかったのだから競馬の難しさを感じてしまう。
勿論私は無印評価だったのだけど、差のない4着。
道中少し掛かっていたし(そりゃ千二のペースに慣れた馬が突然2600Mのペースで走れば掛かる)
直線は前が壁気味になっていた中での好走。

そこから2600Mを使い続けての今年。昨年と異なり戸惑いは一切無い。
メンバーレベルも昨年同様か むしろ若干劣るくらい。
蛯名がここぞとばかりに同馬を拾ったが、充分勝算を感じてのものなのではないか。
セン馬6歳 1勝クラスを卒業するのはここか。53キロ三歳①ウインベイランダー辺りとの
斤量差との戦いにはなってくるが期待したい。

☆☆☆
◎⑧ディーグランデ(391)
〇⑤コスモジェミラ(393)
▲①ウインベイランダー(429)
△⑦カラミンサ(357)
△④シークレットアイズ(382)
△⑥アスティ(?)

地方馬⑥アスティは正直分からないが、昨年夏の福島のままならソコソコ有力。
外々を回って未勝利を三着したのだけど、現級でもやれる力はありそう。
とはいえ現在の力が見えないので一応△の末席に置いておいた。

②375③343⑨380
★函館11R 函館日刊スポーツ杯 1200M 3歳以上2勝クラス
穴どころでは④スマイルスターなんかは一発があってもおかしくない。
3走前の鳥栖特別で昇級を決めてからここ二戦が不発となっているが、二走前は馬場が影響。
前走は本調子に無かった というところかと思うので、状態が上がっていれば好走の可能性あり だ。
開幕週で簡単には止まらなさそうな馬場も良い。ペースは速くなりそうだけど。

◎は⑮マイネルアルケミー。前走は直線捌けず12着だったが参考外でいい。
その前の2戦は実時計と共に完全に良い頃の状況が戻ってきている。
今回の稽古の動きも抜群とあり、近3走の力は維持以上 と判断して良い筈だ。

⑯ファンタジステラは千直向きな印象はずっと持っていて2走前にやはり好走したのだけど
前走は千二でも勝ちに等しい内容。ただ どうだろう・・新潟の軽い芝特化型の可能性も高い気がして。
ちょっとここ1戦様子を見たいので△4番手に。

⑬ウォーターエデンは花見山で4着。開幕週の枠を考えれば⑮マイネルアルケミーと遜色ない走りだった。
これを対抗に挙げておく。
そして冒頭の④スマイルスターは一発のある存在として▲に。
③ジュニパーベリーの雪うさぎ賞勝利はこのクラスでも水準から0.26遅れ程度と優秀で即通用。これを△1番手。
⑤ショウナンマッシブの前走敗因は謎だが、それまでの実績からも軽視は出来ず△2番手。
△3番手を非常に悩んだ。⑧タガノカルラと⑫グランドピルエット そして⑨ヴィーナスフローラの
三頭で悩みに悩んだのだが、
⑨ヴィーナスフローラは3走前の小倉0.3秒差5着があるが、良馬場向きのタイプなので
この5着には価値がある。函館が合えば一変の可能性。
⑫グランドピルエットはクラス二戦目の慣れが見込める。
⑧タガノカルラは前走が案外過ぎたけど、二走前の医王寺特別が凄く優秀。
このクラスでも即通用と感じた・・・ので これを△3番手とするか。

☆☆☆
◎⑮マイネルアルケミー(405)
〇⑬ウォーターエデン(416)
▲④スマイルスター(396)
△③ジュニパーベリー(424)
△⑥ショウナンマッシブ(400)
△⑧タガノカルラ(391)
△⑯ファンタジステラ(403)

①390②379⑤399⑦391⑨387⑩367⑪393⑫385⑭395
★函館12R 遊楽部特別 1800M 3歳以上1勝クラス
52キロの三歳⑩ポレンティアと55キロ四歳⑦レオンドーロの戦いが基本線。
⑦レオンドーロは胎内川特別0.1差三着で、休み明けを使った事でここは勝ち負け濃厚。
⑩ポレンティアは圧巻だった札幌の新馬戦同様洋芝で巻き返し濃厚。
フラワーカップはゴツゴツの戦いで接触の不利なども響いたのだろう。見直せる。

☆☆☆
◎⑩ポレンティア(450)
〇⑦レオンドーロ(426)
▲②ルビーカサブランカ(422)
△⑫ルンルンクオリティ(358)
△④ブライティアセルバ(402)
△⑨レースガーデン(414)

①376③392⑤370⑥373⑧382⑪394

⑧レディーキティが次点。叩いた上積みでどこまで というところ。

土曜はソコソコ穴も狙っているし、金額を過度に抑える気もないので
回収レンジは60%~270%程度だろうか。ちょっとリスクを取った一日となりそう。

 - 国内予想