6/20 函館競馬場 特別戦予想

   

★函館10R 八雲特別 1800M 3歳以上1勝クラス
①ギベルティ中心。
きさらぎ賞を4着は、かなり緩い流れに持ち込んだ割には早めに外から
ストーンリッジに被せられた時には抵抗出来ず。物足りない内容に映ったが、
今思えば瞬発力勝負は向かない というだけなのだろう。
上がりの掛かる競馬が現状向いていると思うので、1着上がり平均35.47のこのコースは
ピタリはまる。

 

☆☆☆
◎①ギベルティ(428)
〇②ザイラ(396)
▲⑨レオンドーロ(404)
△⑥アークロイヤル(387)
△⑤ヴィンクーロ(382)

③315④378⑦357⑧364

 
★函館11R STV杯 1200M 3歳以上2勝クラス
⑭アリアの前走函館日刊は実時計としてクラスモデルに0.1遅れ。
⑩ブラッディムーンの前走福島勝ちは二勝クラス換算するとクラスモデルに0.2遅れ。

 

つまりこの2頭比較では⑭アリアの方が0.1上だった と言えるのだが、何かが噛み合ったり
噛み合わなかったりの差で逆転は可能。

 

というか・・・
⑭アリアの前走は開幕日の最内枠スタートで 枠の利も大きかった筈で、それを考慮すると
差は全くと言って良い程無い筈で、オッズは⑭アリアが断然人気になりそうならば
迷わず⑩ブラッディムーンを買ってみる1手でしょう。

 

⑭アリアは洋芝合う事は間違いないが、⑩ブラッディムーンも昨年夏にここを使っていて
走り自体は悪く無かった。(詰めが甘い感じはあったけど)

 

☆☆☆
◎⑩ブラッディムーン(421)
〇⑭アリア(419)
▲⑥ボストンテソーロ(420)
△②イルヴェントデーア(418)
△⑯アスタービーナス(380)
△⑤プレトリア(395)
△⑫タガノカルラ(398)

①396③387④339⑦387⑧367⑨360⑪371⑬377⑮386

オッズ次第ではあるが色々な券種で買いそう。結構勝負になるのかな(ほんとオッズ次第)

 
★函館12R 長万部特別 1200M 3歳以上1勝クラス
③バカラクイーンの前走は600Mが33秒丁度という超ハイペース。
クラスモデルと比較しても1:0.931と前が激流だった事が分かる。

 

これを二番手からでは早々に後退も仕方のないところ。

今回が前残りしそうな10頭立てであり、⑩ヴィクトリアポデルが
ハナを切るなら(⑥アドマイヤデルタが主張するかな)③バカラクイーンは3~4番手の好位。
突っかけて来る馬がいるとも思えないので順当に③バカラクイーンの好位差しが見られそう。

 

では ◎は③バカラクイーンなのか? というと 違う。
もうちょっと捻る。

 

その③バカラクイーンの3走前。福島の喜多方特別で3着だった⑨プロスペリティ。(バカラクイーンは2着)
バカラクイーンとは0.2差もあったのだが、
この時のペースは0.28秒も前が緩いペースでバカラクイーンは先行していた。
クラスモデルと比較しても1:1.016と前有利が確かめられる(1より大きければ前有利)
プロスペリティは中段後ろの10番手辺りから伸びたので結構強い内容を示している。

 

11番人気と全く人気がなく、私も恥ずかしながら無印としてしまったのだが、
芝も短距離もマッチしていた模様。フロックではないと確信している。
中間に雨が降ったとはいえ、前有利のトラックバイアスはまだまだ続きそうではある。
そして 前有利の流れ見立て。外々を回っては前を脅かすまでには至らないかも知れない。

 

後方寄りで脚を溜めて の同馬には厳しいかも知れない。
本来はもう少し馬場の痛み出した7月半ば辺りの函館で(多分同馬も出走するでしょう)狙うべきか。

 

しかし・・・ここで好走してしまうと 【差しの利く今の馬場ではプロスペリティの末脚がさく裂】
とばかりに人気になってしまいそう。
なので 届かない事も覚悟して 敢えてここで⑨プロスペリティに◎を打ち、勝負してみたい。

色々な券種で結構買う予定。勝負じゃ!

 

☆☆
◎⑨プロスペリティ(414)
〇③バカラクイーン(405)
▲⑧ミニオンペール(387)
△②アスタウンデット(383)
△⑥アドマイヤデルタ(382)

①372④393⑤360⑦366⑩358

 - 国内予想