6/27 阪神競馬場 特別戦予想

   

★阪神09R 出石特別 内1400M 3歳以上1勝クラス
思い切ったな と。いや・・⑪スマートクラージュのお話。
前走プリンシパルSでは残り220Mまで逃げて先頭だったものの、急激に手応え無くして8着。
明らかに距離に壁を感じる結果だった。1800でギリギリ。マイルがベスト と考えるのが
現状ベターな気がするが、陣営は思い切って千四に持って来た。
阪神千四はざっくりのペースで言うと11秒台中盤を3~4ハロン消化するレース。
当然ながらスマートクラージュはそんなラップは未経験。
阪神マイルで未勝利を圧倒したとはいえ、道中は12秒台中盤から前半の緩い流れ。
要するにペース耐性がどうなのか?が未知なのだ。力自体はかなりある。あるが・・その点が分からないので
この手のチャレンジは総じて期待値が低い。
つまり、1着で来る可能性もソコソコ感じつつも◎を打たない方が良い場合が多い という事。
今回も◎以外で様子見としよう。

 

同じ3歳④フェアレストアイルはフィリーズレビューが実時計として1.21.5辺り。
今回2k減なので 同じだけ走れば1.21.1~2辺りが期待出来る。

 

⑨ラルムドールの前走も同じ阪神千四だがこちらは実時計として1.22.6辺り。
今回57キロなので前走同様ならば1.22.7~8というところ。

 

④フェアレストアイルは3か月半ぶりとなるが 久々の不安よりもむしろ成長分の方が大きい可能性があり
期待は大きい。

 

☆☆☆
◎④フェアレストアイル(436)
〇⑪スマートクラージュ(409)
▲⑨ラルムドール(414)
△⑯ワンダーカタリナ(399)
△⑰アビエルト(387)
△⑦ダノンシティ(398)
△⑫ボマイェ(381)

①285②357③382⑤341⑥376⑧391⑩361⑬378⑭298⑮377

 

 
★阪神10R 京橋特別 内2000M 3歳以上2勝クラス
①ゴールドティアの前走は非常に強かった。ラップ的にもラストは
11.9-11.8-11.8を流してのゴールであり余力充分。52キロの今回は古馬相手でも充分通用していい・・
・・・・が・・気になっているのは二走前の君子蘭特別の大敗。1800Mでの大敗であり、
前走圧勝はマイルでのもの、今回は距離が更に増えて二千M。
この距離も問題としないのであればOPまで行ける可能性もあるが・・うーん・・
距離の壁がありそうに思えてしまう。ちょっと評価を下げておく。

 

◎は⑥カセドラルベル。前走は今回と同じコース。ペース比でクラスモデル1に対して0.976と
前が若干不利ペースで、同馬にとっては絶好に見えたが伸びきれず。
ただ この結果は9か月の休み明けで動き切れなかった部分が大きかったのではないか と考えている。
今回も3か月の休みが入っているが前走より乗り込んでいて、これなら馬券内鉄板級の評価を下せる。

 

☆☆☆☆
◎⑥カセドラルベル(399)
〇③レターオンザサンド(427)
▲②カントル(396)
△①ゴールドティア(411)
△⑤ハギノアレス(382)
△⑩グラットシエル(388)

④381⑦355⑧336⑨355

 

現状12p程先行して複に入れてみたが、最終的に27pMAXまで投入は確定。
複オッズ期待下限は134円 となったが、私はもっと甘いんじゃないか と主観で思ってるくらい。

 

⑥カセドラルベルの勝利した2走前の茶臼山特別。
強い内容だったが、2着だったアドマイヤジョラスは次走に1勝クラスをクリアしてこのクラスでも
馬券内を二度。4着だったサトノソロモンも1勝クラス卒業。5着だったレオビヨンドに至っては
1勝クラスを勝ち、2勝クラスも勝利して今や3勝クラス。ハイレベルなレースだったと思う。

 

 
★阪神11R 水無月ステークス 内1200M 3歳以上3勝クラス ハンデ
前走朱雀S組(①コウエイダリアは二走前だが便宜上含んでいる)が8頭。
焼き直しのような1戦だが、その朱雀Sのレースレベルはお世辞にも高いとは言えなかった。
まず 何よりペースが緩すぎる。600Mでクラスモデルよりも0.18遅く、800Mでも0.17遅い。
クラスモデル1に対して0.984と 前不利 と出ているのは それだけ後方勢が弱かった という証でもあり
タイムから考えると決して先行勢も強かった訳でもない。

 

なので別路線組から入るのも一つだとは思う(⑫イサチルホープなど)が
敢えてこの朱雀S組から入るなら 後方一気型の⑪タイセイブレークは面白い。
ほぼ15頭を捌く必要があるので大変ではあるのだが、朱雀S自体が8か月の休養明けを上がり断然最速で
大外から追い込んだ辺り 今回は更に と考える方が自然だ。

 

あとは 展開と捌き一つ というところになってくるが、展開面で言えば
先行好位勢がびっしり連ねており、後方待機組に利があっても。

 

4ハロンペースが45.2ならかなりチャンス。45.3でもスムーズなら差し込んで来て不思議無し。
それより遅いと前での決着か。

 

☆☆☆
◎⑪タイセイブレーク(397)
〇②ブライティアレディ(405)
▲⑬バーニングペスカ(413)
△④ハルサカエ(419)
△⑭ブリッツアウェイ(383)
△⑫イサチルホープ(392)

印はここまでに。①393③383⑤399⑥397⑦385⑧388⑨404⑩387⑮381⑯367

 - 国内予想